「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球選手の移籍の自由を認めたフリーエージェント制度の意味を解説

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: Aspen Photo/shutterstock.com

1993年のオフに導入され、2000年代に2度改正が行われたフリーエージェント制度(通称FA制度)は、ある選手が所属球団で一定の条件を満たした後に取得できる権利だ。 いずれの球団とも契約を締結する自由が認められる画期的なシステムついて、詳しく見ていく。

FA制度導入の理由とその背景

FA制度は、球団に選手の拘束権があり自由な移籍を認められなかった、それまでのプロ野球界の封建的な制度の見直しをきっかけに1993年誕生した。
年俸が高騰して経営が悪化するという理由で、当初は球団側からの反発にも根強いものがあったが、1993年にサッカーがプロ化し、移籍を自由に認めるなど選手側に大幅な権限を与えていることが判明し、サッカーに押されて人気が低下してしまうのでは、と危機感を抱いた球団側も渋々了承する形で発足となったのだ。
それ以降、約20年以上が経過し、何度かの制度改定を経てより移籍しやすい環境が整ってきた。

FA制度の基本ルールを紹介

初期のFA制度のルールを紹介しよう。基本的に1軍登録された日数が145日になるとそれを1年と換算し、累計9年間になると権利が取得できる。2007年には、グラウンド上でケガをして登録抹消をした場合の救済措置もルール化された。
移籍元の球団が人材流出の損害を被らないよう、制約ルールも存在する。移籍先の球団は当該選手の年俸の何割かを支払う金銭補償、並びにプロテクトした選手を除く1名の人的補償を移籍元の球団に行う義務があり、金銭のみか、そこに人的補償もつけるかは、移籍元の球団の自由となる。

おすすめの記事