「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

読売ジャイアンツでの歴代名試合を厳選5つご紹介します。

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Sarunyu L / Shutterstock, Inc.

読売ジャイアンツは長い歴史の中で数々の名実況があった。多くの記憶に残る試合の中から感動的な名実況の試合を5つ厳選した。試合内容を振り返りながらその時の感動をもう一度味わってみよう。

読売ジャイアンツの名試合1977年9月3日

この日後楽園球場で行われたのは、王貞治選手の世界新記録の756号ホームランがかかった試合だった。対戦相手はヤクルトスワローズで3回裏一死無走者の場面でこの日2回目の打席に立った王選手は、フルカウントとなった時、鈴木康二朗選手が投げたど真ん中のシュートを見事ライトスタンドへ運び、当時のメジャーリーグの記録を抜く756号ホームランを達成した。
このホームランは19時10分ごろでテレビ放送は19時30分からだったために生放送されず視聴者からはかなりのクレームが入った。

読売ジャイアンツの名試合1998年8月9日

読売ジャイアンツの高橋由伸選手のかつて東京六大学時代のライバルであった中日ドラゴンズの川上憲伸選手との試合だ。それまではずっと川上選手が高橋選手を抑えていたが、この日の対戦で川上選手から打った初ヒットが右中間へホームランとなった。
日本球界を代表するスターの対決で野球ファンを大いに沸かせ、今後さらにこの二人の対戦が注目されるきっかけとなった試合となった。どちらも真剣勝負で観ていてワクワクする記憶に残る名勝負となった。

おすすめの記事