「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京ヤクルトスワローズで永久欠番について歴史と背景をご紹介します。

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by NorGal/ Shutterstock, Inc.

東京ヤクルトスワローズはリーグ優勝7回、日本一には5回輝いている球団だ。多くのスター選手を育ててきた球団の永久欠番について欠番となった背景について詳しく見ていきたい。

東京ヤクルトスワローズの永久欠番

2016年の時点で東京ヤクルトスワローズに公認された永久欠番はない。初の日本一となった1978年に主砲だった大杉勝男選手の背番号「8」が1983年に保留欠番となり、1984年に引退試合の後欠番となった。
1年間欠番となり1985年に大杉選手本人の申し出から入団をした広沢克己選手が使用することとなり欠番ではなくなった。その後も辻発彦選手、佐藤真一選手、竹内晋一選手が背番号「8」を使用している。

東京ヤクルトスワローズの準永久欠番の条件

東京ヤクルトスワローズには現在永久欠番はないが、準永久欠番はある。原則的に球団の生え抜きまたはフリーエージェントで獲得をした選手でそれに見合った実績、成績を上げている選手のみが使用できるのが準永久欠番だ。対象となる選手は推薦が必要だ。
現在準永久欠番となっているのは宮本慎也選手がつけていた背番号「6」と古田敦也選手がつけていた背番号「27」の二つだ。以前に準永久欠番だったものに背番号「1」がある。

おすすめの記事