「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

埼玉西武ライオンズの永久欠番とその背景をご紹介します!

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Suzanne Tucker/ Shutterstock, Inc.

西鉄ライオンズから1978年西武ライオンズが誕生し、29年間の間にリーグ優勝15回、日本一に9回もなっている。さらに2008年には埼玉西武ライオンズになった。その間に活躍をし、永久欠番となっている選手を振り返る。

埼玉西武ライオンズの永久欠番「24」稲尾和久選手

1973年に福岡野球株式会社に売却をされたときに稲尾選手が背番号を24から81へと変更した際に欠番になったが、永久欠番とはせず1976年古賀正明選手がつけている。その後秋山幸二選手や平野謙選手といった選手が背番号24をつけていった。
2012年の稲尾和久選手生誕75周年を機に、7月1日のホームでの試合と7月4日の福岡での試合の際に埼玉西武ライオンズの全選手、監督、コーチが背番号24の西鉄復刻ユニフォームを着用をし試合終了とともに永久欠番となった。

埼玉西武ライオンズの準永久欠番「3」大下弘選手

1960年3月1日の大下弘選手の引退試合の後に当時の球団社長出会った西亦次郎氏が「大下選手の名に恥じない選手が出ればその選手に渡す。またその際には大下選手の同意を求める」という意向を発表したために一時欠番となった。
1968年に大下選手が東映フライヤーズの監督を務めることとなり、同じ時期にに中日ドラゴンズから移籍してきた広野功選手が背番号「3」をつけることとなり欠番ではなくなった。

おすすめの記事