「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリックスバファローズの永久欠番を、チームの歴史を遡って紹介

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Alan C. Heison / Shutterstock, Inc.

オリックスバファローズには、ブレーブスからブルーウェーブ、そして現在のバファローズへと、変遷を重ねた歴史がある。その時代ごとにあった永久欠番は、次の時代へ思いを引き継ぐ役目も果たしていたのではないだろうか。オリックスバファローズの永久欠番を、その歴史を遡って紹介する。

準永久欠番「51」イチロー選手

1991年、イチロー選手はブルーウェーブ時代のオリックスにドラフト4位で入団し、1993年には代名詞となる「振り子打法」を作り上げた。 登録名を本名の「鈴木一朗」から「イチロー」に変更した1994年。1番打者に定着したイチロー選手は、史上初のシーズン200本安打を達成し、パリーグ新記録となる打率で首位打者を獲得。打者では最年少となるシーズンMVPも獲得している。
その後も1995年には打者五冠王、1998年にはプロ野球史上初となる5年連続首位打者獲得など、偉業を次々と成し続け、チームに大きく貢献する。 そして2000年、イチロー選手の活躍の場はメジャーリーグへと移った。MLB移籍後、背番号51は誰にも使用されず、欠番のままとなっている。

準永久欠番「41」小瀬浩之外野手

小瀬浩之選手は、2007年にオリックスバファローズに入団。 2008年には2軍で好成績を収めて、夏には早くも1軍に昇格した。この年、小瀬選手はレフトの準レギュラーとして数多くの試合に出場し、オリックスバファローズの2位へ躍進に貢献している。 2009年は後半になるにつれ打率を上げ、盗塁もチーム4位となる「7」をマークする。 2010年、春季キャンプ中に急逝。宿舎となったホテルで転落しているところを発見され、帰らぬ人となった。
俊足巧打で「イチロー2世」と称され、将来を嘱望されていた24歳。 背番号41は欠番となり、多くの人が小瀬選手を偲んでいる。

おすすめの記事