「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

福岡ソフトバンクホークスの永久欠番を南海とダイエー時代も含めて紹介

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Keeton Gale / Shutterstock, Inc.

福岡ソフトバンクホークスには準永久欠番がある。偉大な功績を称える「名誉番号」としての欠番が良く知られているが、「預かり」として空けておく場合もあるのだ。欠番となった理由を中心に、南海とダイエー時代も含めて紹介する。

準永久欠番「15」病気とも戦い抜いた31年の生涯。藤井将雄投手

藤井将雄氏は、福岡ダイエーホークス時代に「炎の中継ぎ」と呼ばれた投手だ。 1994年、ドラフト4位で入団すると、1年目から1軍で登板し、1完封を含む4勝を挙げた。3年目からは中継ぎへ転向して、右の中継ぎエースとして活躍。1999年には26ホールドという当時のパリーグ最多ホールド記録を樹立し、ダイエーのパリーグ初優勝に大きく貢献する。
しかし、日本シリーズを前に胸部に異常が見つかり、シーズン後に下された診断は「末期の肺がんで余命3カ月」。入退院を繰り返しながら2軍で調整を測ったが、ダイエーがパリーグ連覇を成し遂げた6日後の2000年10月13日、31歳という若すぎる生涯を閉じたのだ。 背番号15は福岡ダイエーホークスの準永久欠番となり、福岡ソフトバンクホークスとなった今も受け継がれている。

準永久欠番「52」活躍の場はメジャーリーグへ。川崎宗則遊撃手

1999年、ドラフト4位で福岡ダイエーホークスに入団した川崎選手は、翌年には2軍で遊撃手のレギュラーに定着し、チームトップの打率を記録する。2004年には盗塁王と最多安打のタイトルを獲得、ベストナインとゴールデングラブ賞の表彰と、その活躍は新人時代から目覚ましいものだった。
その後も、オールスターゲーム優秀選手賞、セパ交流戦MVP、月間MVPなどを次々と獲得し1000試合出場や250盗塁の記録も打ち立てる。2006年と2009年にはWBC、2008年には北京オリンピックと、世界大会でも日本代表として活躍し、多くの人の注目を集めた。 2011年12月、川崎選手は海外FA権の行使を宣言し、2012年にはMLBに移籍した。活躍の場を海外に移した今も、背番号52は、福岡ソフトバンクホークスで欠番となっている。

おすすめの記事