「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中日ドラゴンズで永久欠番に指定された、歴史に名を残す選手たち

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Andrey Yurlov / Shutterstock, Inc.

戦前、戦後の日本プロ野球界の創成期を支えた偉人とも言える、中日で永久欠番に指定されている2つの背番号。期間限定の欠番があったとして語られる、チームの勝利に貢献し、今尚語られる偉大な選手たちを紹介したい。

背番号10 服部 受弘氏

1939年、当時の『名古屋軍』に入団し、1941年には本塁打王を獲得。途中、世界大戦中には応召を受け軍務につき、戦後1946年に復帰を果たした。この歳から投手に転向し、カットボールを使い、5年連続で10勝を超える記録を残した。
1954年には球団初のリーグ優勝、そして日本一として輝き、その勝利に貢献した。戦前、戦後の過酷な環境下で日本プロ野球界の創世期を支えてきた服部氏の背番号10は中日ドラゴンズの永久欠番として指定されている。コーチ、助監督を現役選手として兼任することもあった。

背番号15 西沢 道夫氏

服部氏同様、西沢氏も、戦前、戦後の日本プロ野球界を作り上げ、発展に貢献してきた選手だった。戦前では珍しい182cmの長身を活かした速球で、1942年にはノーヒットノーランを記録。世界大戦中は応召をうけ、兵役中に肩を痛め、ロッテの前身であるゴールドスターに移籍、打者として活躍することとなる。
また、1950年には、5本の満塁ホームランを決め、現在でも日本記録となっている。服部氏の10番、西沢氏の15番2つのみが、現在中日ドラゴンズの永久欠番として指定されている。

おすすめの記事