「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈2〉福岡ソフトバンクホークス編

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Beto Chagas/ Shutterstock, Inc.

歴代のドラフト1位に選ばれた選手たちの中から、往年のホークスで活躍したスター選手から、今現在ソフトバンクホークスを引っ張っていく力を持つ選手たちを紹介したいと思う。

2009年ドラフト1位 今宮 健太選手

2009年のドラフト1位に選ばれた今宮選手。母校の明豊高校の先輩でもあるホークスのスター選手である城島健司選手の背番号『2』を背負うことになり、2011年からは、一軍で守備の華とも言われる遊撃手として活躍してきた。ホークスとしては21年ぶりの10代での開幕一軍に帯同。
その年11月のアジアシリーズ三星ライオンズ戦で、プロ初ヒットを含め、3安打・1打点・1盗塁を決め、猛打賞を受賞した。9月に右ひじの痛みを訴えていたが、無事手術も成功したようで、ほっと一安心だ。今後の活躍にも是非期待したい。

1994年ドラフト1位 スーパーキャッチャー城島 健司選手

現在は今宮選手が引き継ぐ背番号『2』。ホークスでも華々しい活躍をしたスター選手、スーパーキャッチャーの城島選手は1999年のドラフトで1位の指名を受け、長年活躍した。球団初のリーグ優勝と日本シリーズ優勝、工藤公康投手と共に最優秀バッテリー賞を受賞するなど輝かしい記録を打ち出した。
2004年には通算1000本安打を達成、2005年には、通算200本塁打を達成。ホークス退団後はシアトル・マリナーズで日本人初のメジャーリーグでの捕手、帰国後は阪神での活躍も素晴らしかった。

おすすめの記事