「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈1〉福岡ソフトバンクホークス編

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by tipwam / Shutterstock, Inc.

2016年のドラフト会議もついに発表になった。福岡ソフトバンクホークスは今年も『神ドラフト』とも評価され、良い選手との交渉権を多く獲得した。そんなソフトバンクホークスの歴代ドラフト1位選手に注目したい。

福岡ソフトバンクホークス 2016年のドラフト1位 田中 正義選手

創価大学の田中選手は2016年のドラフトの目玉とも言われていた。ソフトバンク、巨人、広島、日ハムの5球団から1巡目で田中選手を指名していたが、抽選の結果、ソフトバンクホークスが交渉権を獲得した。工藤監督のくじ引きを当てたときの嬉しそうな顔が、とても印象的だった。
156km/hのストレート、スライダーやフォークなど、巧みなピッチングは、試合を見ていても惹きつけられる。NPB選抜戦では7者連続奪三振の成績を残した。

2015年ドラフト1位 高橋 純平選手

2015年に行われたドラフト会議でソフトバンクホークス、中日ドラゴンズ、日本ハムの3球団から1位の指名を受けた高橋選手。抽選の末、ソフトバンクに交渉権が与えられ、契約金、年俸ともに公立の高校生での過去最高金額でソフトバンクに入団した。
ストレートの最速は154km/h、スライダー、カーブ、スプリットなどを決める選手だ。高校時代の怪我のリカバリーとトレーニングを積み、着々と成長していっている高橋選手。今後の活躍がとても楽しみだ。

おすすめの記事