「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈2〉読売ジャイアンツ編

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Photo Works / Shutterstock, Inc.

読売ジャイアンツの歴代ドラフト1位入団選手の紹介していく。これまでの巨人軍の栄光を支えてきた名プレイヤーたちがどんな活躍を見せてきたのだろうか。

「ゴジラ」こと読売ジャイアンツ松井秀喜選手

星陵高校時代からホームランを量産するそのパワーはものすごく、高校通算で60ホーマーを記録した松井秀喜選手。高校3年時の明徳義塾との2回戦で5打席連続敬遠されたのは有名な話だ。1992年に巨人に入団。1年目は11本とセリーグ高卒記録を更新、2年目も20本塁打を記録。1998年には34本の本塁打を放ち、本塁打王と打点王を獲得する。1999年、2000年には40本の本塁打を放ち、その才能をいかんなく発揮する。
2002年にはニューヨークヤンキースへ移籍し活躍。選手通算332本を放つ記録も持ち、2013年には国民栄誉賞を長嶋茂雄氏とともに受賞する。現在は、ヤンキース特別アドバイザーとして活躍中だ。

「21世紀のスター」読売ジャイアンツ高橋由伸選手

慶應義塾大学3年生時には三冠王に輝く等活躍し、その甘いマスクから人気を博した高橋由伸選手。1997年ドラフト1位で巨人に入団。プログラム1年目から打率3割を超える成績を残した。その後も類まれなるバッティングセンスでチームをけん引し、2003年には、11打数連続安打を放ち、14打席連続出塁のプロ野球タイ記録を残している。
また、2011年には、1500本安打、2012年には300本塁打を達成した。2015年に引退後は、巨人軍監督してチームの指揮をとっている。

おすすめの記事