「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈1〉読売ジャイアンツ編

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Andrew Dawes/ Shutterstock, Inc.

誰もが憧れる歴史ある球団として有名な読売ジャイアンツ。そのジャイアンツにドラフト1位で入団し、活躍した歴代選手の紹介をしていきたいと思う。記録と記憶に残っている名選手ばかりだ。

「フィーバー巻き起こした逸材」読売ジャイアンツ原辰則選手

東海大相模高校時代は、1年生から活躍し、夏の甲子園には3年連続で出場を果たした原辰則選手。当時からその持ち味のバッティングで有名となり、神奈川県大会の川崎球場を超満員にするほどの人気ぶりで原フィーバーを巻き起こした。東海大学へ進学し日本代表に選ばれるなど、ますますその存在感を増していく。
1980年にはドラフト1位で巨人に入団。開幕戦から6番で出場し、プロ初安打、初ホームランも記録するなど活躍。1年目シーズンは22本塁打を打つなどし、新人王も獲得する。2年目以降もホームランを量産し、常に30本をマーク。1995年までプレーする。引退後は監督として巨人に復帰し、「ジャイアンツ愛」をキャッチフレーズにリーグ優勝、日本一にチームを導いた。

「ミスターパーフェクト」読売ジャイアンツ槙原寛己投手

槙原寛己選手は、大府高校時代から剛速球を投げる投手として有名で、甲子園では当時の最速記録147km/hを記録する。1981年のドラフト1位で巨人に入団。1年目は2軍で下地固めとなり2年目では、プロ初登板初完封を記録するなど活躍。12勝を挙げて新人王にも選ばれる。
1984年には当時最速の155km/hも記録し、速球でおしていき、フォークボールとスローカーブを交えながら三振を奪う東急スタイルを確立させていく。その後も斉藤雅樹選手、桑田真澄選手と共に先発の柱として大車輪の活躍。1994年には広島を相手に完全試合を達成した。

おすすめの記事