「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈2〉東京ヤクルトスワローズ編

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Andrey Yurlov / Shutterstock, Inc.

東京ヤクルトスワローズの歴代ドラフト1位選手の紹介をしていく。それぞれの時代を駆け抜けてきた選手達。世代交代しながらチームを引っ張り続ける多くの名選手たちの活躍ぶりを見ていこう。

「不屈の闘志で大車輪活躍」東京ヤクルトスワローズ岡林洋一投手

岡林洋一選手は、高知商業として甲子園を経験後、専修大学へ進学。当大学リーグでは6勝を挙げ史上最多の31回優勝に貢献し、数多くのタイトルを手にした。その活躍もあり、1990年のドラフト1位でヤクルトに入団すると、1年目から12勝、12セーブを挙げる成績を残す。
2年目のシーズンも開幕からは先発で奮闘。日本シリーズでは3試合完投とその力を存分に発揮し、敢闘賞を受賞。その後はケガにも悩まされ、思うような投球ができず、2000年引退。引退後は、ヤクルトの2軍投手コーチを務めるなどし、2005年からはスカウトへ転身した。

「左のエース」東京ヤクルトスワローズ石井一久投手

石井一久選手は高校時代、甲子園出場経験はなかったものの、千葉県大会予選で4試合52奪三振を奪うなどの記録を打ち立て、1991年のドラフト1位でヤクルトに入団。1年目では、いまだ勝利のなかった日本シリーズで先発出場を果たしている。入団後は思うような結果が残せないでいたが、1997年に横浜ベイスターズを相手にノーヒットノーランを達成すると、翌1998年から開幕投手を務め最多奪三振、シーズン最多奪三振奪取率の日本記録を更新する。
2002年からドジャースで活躍後、2006年にはヤクルトに復帰、その後年間西武ライオンズでプレーし多くの勝利を気づき上げることになる。2013年引退後は芸能活動をしている。

おすすめの記事