「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈2〉中日ドラゴンズ編

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Eric Broder Van Dyke / Shutterstock, Inc.

歴史ある中日ドラゴンズをけん引してきた選手達の中でも、特に歴代のドラフト1位入団で活躍した選手たちにスポットをあてて紹介していく。

「ミスタードラゴンズ」中日ドラゴンズ立浪和義選手

立浪和義選手は、PL学園高校時代からその野球センスは抜群で、1987年には甲子園春夏連覇を達成。これにより評価も高まり、中日に1位指名で入団。入団後は1年目から1軍でキャンプをスタート。開幕戦2番ショートで先発出場を果たすと二塁打を放つなど活躍。オールスターゲームにも出場し、新人王とゴールデングラブ賞も獲得する。
1993年から1994年にかけては、守備機会連続無失策記録を712回とするなど、その鉄壁な守りにますます磨きをかけていくことになる。2008年以降はコーチ兼任での出場も多く、翌2009年に引退。日本プロ野球記録となる二塁打数の記録をもっている。

「巨人キラー」中日ドラゴンズ今中慎二投手

大東校舎時代は、甲子園出場こそなかったものの、145km/hを超す速球を出すなどスカウトの目にとまり、1988年ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団した今中慎二選手。入団後はフォームの改善などに時間を費やしたり、スプリットの習得など技に磨きをかけていく。入団1年目は10勝をマーク。1993年には自身初の開幕投手を務め17勝を挙げる。
最多勝利、最多奪三振も獲得し、沢村賞を受賞するほか、ベストナイン、ゴールデングラブ賞も獲得するなど大活躍を果たす。その後4年連続で開幕投手を務め、中日の左のエースとしてチームを引っ張り続けた。現役引退後は、中日の投手コーチを歴任し、現在は野球解説者としても活躍を続けている。

おすすめの記事