「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈1〉中日ドラゴンズ編

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Eugene Onischenko / Shutterstock, Inc.

打倒巨人で有名な星野選手はじめ、中日ドラゴンズの歴代ドラフト1位選手がこれまでに見せた数々の活躍を紹介していく。どんな名選手たちが名を連ねているのか振り返る。

「闘将」中日ドラゴンズ星野仙一投手

星野仙一選手は、明治大学から1968年ドラフト1位にて中日ドラゴンズへ入団。1971年以降はその持ち味の速球と物怖じしない投球術で勝利を重ね、現役では通算8回の二桁勝利と二桁セーブ記録を2回という記録を持っている。
1974年には初代最多セーブ賞を受賞した他、沢村賞も獲得。常勝軍団の巨人V10を阻止し、セリーグ優勝に大きく貢献した。特に巨人に対しての対抗意識は強く、巨人キラーとしての異名も持っている。現役引退後は、中日、阪神、楽天と3球団にわたり監督をつとめる他、WBCの監督も任されるなど活躍。現在は、楽天のシニアアドバイザーに就任している。

「俊足好打」中日ドラゴンズ田尾安志選手

1975年ドラフト1位にて中日ドラゴンズに入団。その俊足を生かした外野の守備など華のあるプレーで人気を博した田尾安志選手。打席で構える際にバットをくるくる回す仕草は真似する子供も多くいた。左に右に打ち分けるその巧みなバットさばきは、まさに安打製造機といえるものでもあった。
新人王獲得の他、1982年から3年連続でリーグ最多安打を記録、ベストナイン3回選出と輝かしい記録を持つ。現役引退後は、2005年の東北楽天ゴールデンイーグルスの初代監督に就任。現在は野球評論家としてその活躍を続けている。

おすすめの記事