「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈1〉千葉ロッテマリーンズ編

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Eugene Onischenko / Shutterstock, Inc.

千葉ロッテマリーンズは熱狂的なファンが多く、その応援は球場を揺らすほど。そんな声援の中でプレーする千葉ロッテマリーンズの選手たちの中には、ドラフト1位で入団し、活躍している選手が数多くいる。どんな選手がいるのか見ていくことにしよう。

「マサカリ投法」で有名な千葉ロッテマリーンズ村田兆治投手

当時、東京オリオンズの1967年のドラフト1位で入団した村田選手。2年目のロッテ時代に6勝するなど、先発ローテーションの1角に。1970年から当時の監督だった金田正一監督のアドバイスの元、村田投手の代名詞ともなるダイナミックな投法であるマサカリ投法が生み出される。
その後、1974年には日本シリーズで優勝し、胴上げ投手にもなった。投球スタイルもこのから変化が生じ、これまでの直球で押すピッチングからフォークボールを織り交ぜていくスタイルに。1976年には最優秀防御率、1979年には最多勝のタイトルを受賞し、球界にその名を残している。1983年には肘の手術を受け、翌年にはカムバック。
中6日・日曜日での先発起用ということで「サンデー兆治」とも呼ばれた。

「ミスターロッテ」千葉ロッテマリーンズ有藤道世選手

ロッテ一筋でその現役生活をプレーしたまさに「ミスターロッテ」こと有藤道世選手。1969年のドラフト1位入団の1年目からサードのレギュラーの座を獲得し、21本塁打の成績を残すなど新人王を獲得する。
1970年にはオールスターゲームにも選ばれ以降13年連続で出場するという記録も持っている。この年は、ロッテ優勝にも貢献し、5番で出場。打率3割、80打点、25本塁打という好成績でチームを牽引した。1973年には日本一にも貢献し、1977年いは打率.329で首位打者にも輝く。1985年には2000本安打も達成し、1987年引退後にはすぐ監督に就任した。

おすすめの記事