「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈2〉埼玉西武ライオンズ編

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Brandon Vincent / Shutterstock, Inc.

まだまだ活躍している埼玉西武ライオンズのドラフト歴代1位選手はたくさんいる。その中には往年のスターも多数。記録だけでなく記憶にも残る名選手たちの活躍ぶりを紹介していきたい。

1985年ドラフト1位。埼玉西武ライオンズ「番長」清原一博選手

PL学園時代、13本という甲子園通算最多本塁打記録を持つ清原和博選手。高校時代は、同期で活躍したエース桑田真澄選手とともに、KKコンビとして甲子園を沸かせ、1年生の夏の甲子園では優勝。3年生でも頂点に立っている。熱烈な巨人ファンだった清原はジャイアンツ入りを希望するも、ドラフト会議では西武が交渉権を手にし、一度は社会人入りを考えたが、見返すつもりで西武入りを決断した。
プロ初打席はフォアボール、2打席目でプログラム初安打、初得点、初ホームランを打つとその年のオールスターにも選出されるなど大活躍。高卒新人の記録を次々と塗り替え新人王を獲得した。1997年には念願の巨人に入団し、その後オリックスへ移籍。引退セレモニーでは長渕剛も駆けつけるなど華やかに球場を去った。

「平成の怪物」・埼玉西武ライオンズ・松坂大輔投手

松坂大輔選手は横浜高校時代、150km/h台のストレートと鋭いスライダーを武器に甲子園を沸かせ、1998年では選抜優勝。夏の大会準々決勝では、PL学園を延長17回250球を投げ完投勝利。その後決勝では京都成章相手にノーヒットノーランを達成するなどその怪物ぶりをいかんなく発揮した。
同年ドラフト1位で西武に入団し、1年目から剛速球を武器に活躍。新人王も手にした。2001年まで3年連続で最多勝を獲得し、沢村賞も受賞。2006年にはWBC日本代表として出場しチーム貢献した。西武からメジャーへと移籍し、ボストン・レッドソックス、メッツと渡り歩いた。2014年にはソフトバンクに移籍し、日本球界に復帰するもケガの影響もあり、2016年の最終戦でようやく復帰後初の1軍マウンドにあがった。

おすすめの記事