「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈1〉埼玉西武ライオンズ編

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ostill / Shutterstock, Inc.

数々の名勝負を繰り広げてきた埼玉西武ライオンズの選手。過去歴代のドラフト1位選手も多く活躍している。ここでは、黄金期を支えた選手や引退後に監督を務めた名選手まで、歴代のドラフト1位選手に注目してみよう。

「トンビ」の愛称で親しまれた埼玉西武ライオンズ東尾修選手

1968年ドラフト1位・東尾修選手。1970年から1988年まで投手陣の要として活躍した。その巧みなコントロールは一級品で、なかでもスライダーと右打者に向かって投げるシュートには定評があった。時には相手打者にデットボールを与える厳しいボールを投じることもあり、「ケンカ投法」とも呼ばれた。
入団後の1969年には黒い霧事件が発生し、その後、先発ローテーションを任せられるようになっていく。1982年1983年には2年連続でリーグ優勝と日本シリーズ優勝に貢献し、MVPにも選出された。引退後は、1995年から4年間監督として、チームをけん引した。

チームのムードメーカー埼玉西武ライオンズ石毛宏典選手

石毛宏典選手は銚子高校から駒沢大学に進学し首位打者を獲得するなど活躍。その後プリンスホテルに入団し、1980年には都市対抗にも出場した。1980年のドラフト会議では、阪急ブレーブスとの競合1位指名を受け入団した。入団後1年目からスタメンで活躍し、打率3割を果たす。その活躍から新人王も受賞した。
1980年代の西武黄金期を支えるチームリーダーとしてチームを引っ張り、1986年には、落合選手などを抑えパリーグMVPも獲得。1988年の日本シリーズでは、優勝を決める同点ホームランは記憶に新しいところだ。1995年にはダイエーホークスに移籍後引退。引退後はオリックスブルーウェーブで監督も務めた。

おすすめの記事