「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈2〉阪神タイガース編

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Andrey Yurlov / Shutterstock, Inc.

縦縞ユニフォームでおなじみの阪神タイガースには、ビジュアルだけでなく、数多くの歴史と名場面を私たちに残してきた選手たちがいる。その中でも、ドラフト1位で入団した選手で結果を残している選手を、現役選手も含めて紹介する。

阪神タイガースのお化けフォークの持ち主 野田浩司氏

野田浩司氏は社会人野球の九州産交に所属していたが、野球部が廃部になり特例措置で指名対象になり、1987年に入団した。先発もリリーフもできるマルチな投手だった。
入団3年目の1990年には2桁勝利の11勝をあげ、翌年の1991年には開幕投手となったが、大型トレードで1993年にオリックス・ブルーウェーブへ移籍をした。移籍1年目に17勝をあげ最多勝を獲得し、4試合連続2桁奪三振などの記録もうちたてた。その後も、1995年には1試合19奪三振の日本新記録を達成し、球団のV2に貢献をした。
決め球であるフォークは、お化けと呼ばれるほど鋭く落ちて視界から消える投球だったが、肘の故障で2000年に現役を引退した。

阪神タイガースのマルチ打者 今岡誠氏

今岡誠氏は1996年のドラフトで入団し、1年目の1997年は、二塁手、遊撃手や三塁手などのポジションで活躍をした。2002年は、二塁手1番打者でのレギュラーで、自己最高の打率と15本塁打を記録。翌年の2003年も打率.340を打ち、首位打者のタイトルと、二塁手でゴールデングラブ賞を獲得。リーグ優勝にも貢献した。2試合連続で先頭打者初球本塁打という記録も出している。
2004年には3番打者となり、阪神選手会長に就任した。2005年には、三塁手にコンバート。日本プロ野球歴代3位となる147打点で打点王のタイトルを獲得し、リーグ優勝に貢献した。その後、2009年に退団。
トライアウトで千葉ロッテマリーンズに入団する。2010年から代打や指名打者で起用され、クライマックスシリーズ優勝に貢献し、2012年に現役引退した。

おすすめの記事