「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈1〉阪神タイガース編

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Andrey Yurlov / Shutterstock, Inc.

さまざまなスポーツの中でも根強い人気を誇るプロ野球だが、その中でも熱狂的なファンが多いのが阪神タイガースのファンたちだ。そんなファンをとりこにしてきた歴代のドラフト1位の選手について、年を追って紹介していきたい。

江夏豊氏の伝説の左腕は阪神タイガースから始まった

1966年に入団してから、両リーグあわせて5球団に在籍した。阪神タイガースでは、奪三振記録を401個にまで伸ばし、日本プロ野球記録となり、1973年には、日本プロ野球史上初の延長戦ノーヒットノーランを達成している。1976年に南海ホークスへ移籍、翌年1977年にリリーフ投手へ転向、19セーブで最優秀救援投手に輝いている。1978年に、広島東洋カープへ移籍、1979年からの2年連続日本一に貢献した。
1980年から日本ハムファイターズへ、1983年に西武ライオンズへ移籍し、1984年に引退した。リリーフ投手として初のMVP や、最多勝利2回、最終防御率、最優秀投手、最多セーブ投手、沢村賞など数々のタイトルも獲得し、12球団全てからセーブを挙げる史上初の記録を作り、1982年には通算200勝を達成し、日本プロ野球名球会に入会した。

阪神タイガースの強肩捕手 田淵幸一氏

1968年ドラフト1位で入団をした田淵幸一氏は、強肩、強打の捕手として1年目から一軍レギュラーで、捕手としてはじめて新人王を受賞した。しかし、2年目に左こめかみに死球を受け昏倒して、翌年まで不調だったが、打撃フォームを一本足打法に変えて、飛距離が伸び、1972年には34本塁打を記録した。江夏豊投手とのコンビは「黄金バッテリー」と呼ばれ活躍をした。
1973年の4月から5月にかけては、同一カード7打数連続本塁打という記録を作り、ヤクルトの安田猛の連続イニング無四死球のプロ野球新記録の更新を81で止めた。1975年には王貞治の14年連続本塁打王を阻止して初タイトルを獲得した。1978年に西武ライオンズに2対4の大型トレードで移籍し、1980年に一塁手に転向し指名打者でも活躍したが、1984年に現役引退した。

おすすめの記事