「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈2〉広島東洋カ―プ編

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Keeton Gale / Shutterstock, Inc.

2016年に25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島東洋カープ。若い選手の活躍と共にカープ女子なる女性ファンも多くなり盛り上がっている。その、広島東洋カープにドラフト1位で入団をした歴代選手を、現役で活躍している選手を中心に紹介する。

25年ぶり広島東洋カープの優勝に大きく貢献した 野村祐輔選手

小学1年生から軟式野球をはじめた野村祐輔選手は、広陵高校に進学後、3年生の選抜大会ではベスト8、夏の大会では準優勝をした。その後、明治大学に進学し、大学ビッグ3と言われて注目され、2011年のドラフト1位指名で広島東洋カープへ入団した。2012年開幕から先発ローテーションに入り、4月には初勝利をあげ、平成生まれの選手として初めての新人王に選ばれた。
しかし、2013年からは登録抹消、再登録を繰り返し苦しむシーズンもあった。2016年には、右のエースとして開幕戦から好調を続け、初の完封勝利や、先発登板で8連勝などを記録した。また、リーグ単独トップの16勝をあげて最多勝利と最高勝率を獲得し、25年ぶり広島東洋カープのリーグ優勝に貢献した。

広島東洋カープのカピバラとして親しまれる 今村猛選手

小学3年生から野球を始めた今村猛選手は、高校3年生の春、甲子園大会で長崎県勢として初の全国優勝をした。2009年のドラフトで広島東洋カープから単独1位指名を受けて入団した。この時の契約金は1億円、年俸は推定1000万円で、高卒新人としては最高額だった。1年目の2010年は、首脳陣の育成方針などにより二軍ではあるものの先発ローテーションを任され、2011年には、オープン戦で先発要員として起用されて好投をした。その後、中継ぎ、セットアッパーとして守護神となった。
2012年には、球団新記録の29試合連続無失点を達成して、侍ジャパンマッチやWBCの日本代表入りした。2016年は、防御率など安定した成績で中継ぎの柱として活躍をして、25年ぶりのリーグ優勝に貢献をした。顔が似ているのでファンからカピバラと呼ばれている。

おすすめの記事