「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈1〉広島東洋カ―プ編

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by b-hide the scene / Shutterstock, Inc.

2016年に25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島東洋カープには、市民球団としてはじまった広島市民に愛されている球団だ。原爆の被害からの復興を目指して作られ歴史もあり名選手たちも多い。歴代のドラフト1位で入団をして活躍をした往年の名選手を振り返り紹介する。

広島東洋カープのミスター赤ヘルといったら 山本浩二氏

1968年にドラフト1位で法政大学から入団。翌年の開幕戦にはスタメンとして出場をした山本浩二氏は、1986年の40歳に引退するまで広島東洋カープで活躍し続けた。途中勝負師には向かないと言われて本名の浩司から浩二へ改名してまで勝負に徹底した。
才能が開花したのは30代になってからで、持病の腰痛に負担をかけない広角打法を身につけ、長距離打者となり、衣笠祥雄とはYK砲といわれ500本塁打コンビで、86本のアベック本塁打は日本プロ野球歴代2位の成績だ。1985年には史上2人目の通算500本塁打、200盗塁を達成し、大卒での通算536本塁打は日本最多記録など輝かしい成績で、チーム初優勝にも貢献をした名選手だ。

一年遅れで広島東洋カープに入団した池谷公二郎氏

1972年にドラフト1位に指名された池谷公二郎氏は、所属していた日本楽器からエースがいなくなるという理由で待ったをかけられて、1年後の1973年のドラフト会議前に入団をした。1975年の広島東洋カープの初優勝時には18勝、翌年1976年には20勝をあげて最多勝で沢村賞を受賞、1976年と1977年と2年連続の脱三振王になった。伸びのあるストレートは、「シーソー投法」や「ぎっこんばったん投法」といわれていて、右腕を腰の後ろ、左腕を高くあげるシーソーのようなフォームで遠心力を使って投げられた。その後、肩を痛め1985年に古葉監督と共に引退をした。

おすすめの記事