「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈2〉横浜DeNAベイスターズ編

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Keeton Gale / Shutterstock, Inc.

横浜DeNAベイスターズの将来楽しみな現役の若手選手や、大洋ホエールズの頃からの活躍の名選手たちの中からドラフト1位入団選手をピックアップして紹介する。

横浜DeNAベイスターズの前身からメジャーを渡り歩いた 斉藤隆氏

1991年に入団をして、1993年には先発ローテーションに定着。1996年にプロ入り初の2桁勝利をあげて、最多奪三振のタイトルや月間MVPも獲得した。1998年には、38年ぶりのリーグ優勝や日本一に貢献をし、日本シリーズでは、優秀選手に選ばれ、セ・リーグのカムバック賞を受賞した。
2006年から、ロサンゼルス・ドジャースで15試合連続無失点を記録、球団新人記録となる24セーブ目を挙げ、日本人投手初となる月間最優秀救援を受賞した。2009年からは、ボストン・レッドソックス、アトランタ・ブレーブス、2011年には、ミルウォーキー・ブルワーズ、アリゾナ・ダイヤモンドバックスと渡り歩き、2012年に、東北楽天ゴールデンイーグルスで日本球界復帰して、2015年に現役引退するまで活躍した。

歴代3位タイの記録7年連続打率3割達成者 内川聖一選手

1年目の2001年には高卒ながら一軍を経験したが、その後体調不良などもあったが、2004年には開幕スタメン出場して自己最多の17本塁打を打った。2008年には一塁手レギュラーを獲得して、最多安打、最高出塁率など守備と合わせて打撃でも成績を残した。その後、2010年に福岡ソフトバンクホークスへの移籍を表明し、2011年には、自身2度目となる月間MVPや自身2度目で、史上2人目のセ・パ両リーグでの首位打者を獲得した。
2013年には、通算3度目となる月間MVPや3年連続5度目のベストナインを受賞した。2014年も、打撃が好調で、リーグ優勝やクライマックスシリーズ制覇で日本一に貢献をした。2015年も、キャプテンで4番打者として優勝に貢献をした。この他にも、WBCや侍ジャパンの日本代表に選出されている。

おすすめの記事