「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈1〉横浜DeNAベイスターズ編

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Andrey Yurlov / Shutterstock, Inc.

メジャーリーグへ日本選手が参加して活躍するようになった最近のプロ野球界だが、大洋ホエールズからはじまった横浜DeNAベイスターズの歴代の名選手たちの中にも渡米した選手がいる。まず、大洋ホエールズ時代の選手を中心に、歴代のドラフト1位の選手を紹介する。

他球団を渡り歩いて史上初の記録を持つ 野村収氏

駒澤大学時代から活躍をしていた野村収氏は、1968年のドラフトで球団の前身の大洋ホエールズに1位指名で入団したが、1972年には、ロッテオリオンズに移籍。移籍後は、14勝を挙げる大活躍をした。1974年には、日本ハムファイターズに移籍し、翌年の1975年に初はタイトルとなる最高勝率を獲得。1978年に、横浜大洋ホエールズに復帰し、最多勝とカムバック賞を受賞した。1983年には、阪神タイガースに移籍。先発ローテーションの一角を担った。
さまざまな球団に移籍を繰り返して、そこで結果を残してきたことによって、史上初の全12球団からの勝利投手となった。1985年には、セ・リーグ優勝を達成して、40歳の時、1986年限りで現役を引退をした。引退後も、阪神、大洋、オリックス、日ハムと多数の球団でコーチを務めた。

ドラフト1位で入団の強面ひげの 斉藤明雄氏

1976年ドラフトで大洋ホエールズから1位指名を受け入団し、1977年の1年目から開幕一軍入りをして、王貞治の本塁打世界タイ記録達成を阻止。この年の新人王を獲得した。1978年には、チーム名が横浜大洋ホエールズとなり、新本拠地となった横浜スタジアムでの公式戦勝利投手第1号となった。
トレードマークに口ひげを生やしてからは、ヒゲの斉藤と呼ばれるように。1981年からは、抑え投手になり、翌年の1982年には、リーグ最多セーブと最優秀防御率を記録。1983年には最優秀救援投手、196年には2度目の最優秀救援投手と多くのタイトルをとった。1988年には、先発投手に再転向して、右投手では日本プロ野球史上初となった。また、左右あわせても史上3人目の通算100勝100セーブを達成した。横浜DeNAベイスターズとなった1993年に現役引退を表明した。

おすすめの記事