「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈3〉オリックスバファローズ編

2017 2/9 18:26
野球 日本
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: https://www.daily.co.jp/

プロ野球のドラフト会議といえば球団の戦力となる新人獲得の大きなチャンスだ。オリックスバファローズには過去にどんな選手がドラフト1位指名されていたのだろうか。「オリックスバファローズ」の2005?2016年限定で、話題になったドラフト1位選手を5人紹介する。

2010年ドラフト1位・後藤駿太選手

後藤俊太選手は現在のオリックス・バファローズの8番。登録名「俊太」でおなじみの外野手だ。
高校3年時に県大会で打率4割超えを記録、チームの甲子園出場に貢献した。 高校通算18本のホームランを打ち、プレイスタイルがイチロー選手に似ていることから「上州のイチロー」「群馬のイチロー」と呼ばれていた。
2010年のドラフト会議でオリックス・バファローズからドラフト1位指名を受けプロ野球入りする。 6年連続で開幕1軍入りを果たしている俊太選手、17年も連続記録を伸ばすことができるだろうか。

2012年ドラフト1位・松葉貴大選手

松葉貴大選手は現在のオリックス・バファローズで背番号11番、最速149kmのストレートに加え、スライダー、カーブ、フォークを使い分ける投手だ。
高校3年時に春の甲子園でベスト4へ進出するも、夏は県大会予選で敗北。大阪体育大学に進学する。その頃に野手から投手へと転身、チームのエース格としてリーグ通算31勝、リーグMVPと最優秀投手賞を共に2回受賞するピッチャーに成長した。
2012年のドラフトで1位指名を受けオリックス・バファローズに入団、日本代表選手にも度々選出され、16年にはプロ初完投勝利を挙げた。17年の活躍も期待される。

おすすめの記事