「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈2〉オリックスバファローズ編

2017 2/9 18:26
日本 野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: https://www.daily.co.jp/

プロ野球のドラフト会議といえば球団の戦力となる新人獲得の大きなチャンスだ。オリックスバファローズには過去にどんな選手がドラフト1位指名されていたのだろうか。「オリックス・ブルーウェーブ」の1991?2004年限定で話題になったドラフト1位の有名選手を5人紹介する。

1991年ドラフト1位・田口壮選手

田口壮選手は現在オリックス・バファローズの2軍監督として活躍している。関西学院大学の硬式野球部所属時に関西学生野球連盟の公式戦で101試合出場、通算376打数123安打、打率.327、10本塁打、46打点の大記録を残す。
そして1991年のドラフト会議でオリックス・ブルーウェーブと日本ハムファイターズから1位指名を受け、抽選の結果オリックスに入団した。 入団後は内野手から外野手に転向、最多補殺やゴールデングラブ賞の常連選手に成長した。

1992年ドラフト1位小林宏選手

小林宏選手は大学3年までは遊撃手だったものの、4年時にチームの投手が相次いで故障したため急きょ投手として登板した、イレギュラーな経歴の持ち主だ。これが思わぬ好投だったため、地元球団の広島東洋カープがドラフト2位の好待遇で指名する予定だったが、ドラフト当日にオリックス・ブルーウェーブがまさかの1位で指名、オリックスに入団した。両球団の評価の高さに小林宏選手自身も驚いたそうだ。
入団後は1軍に定着し、1995年は阪神淡路大震災の逆境にも負けず、11年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

おすすめの記事