「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代ドラフト1位の選手〈1〉オリックスバファローズ編

2017 2/9 18:26
オリックスバファローズの有名な歴代ドラフト1位選手?@
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: https://www.baseballchannel.jp

プロ野球のドラフト会議といえば球団の戦力となる新人獲得の大きなチャンスだ。オリックスバファローズには過去にどんな選手がドラフト1位指名されていたのだろうか。「(大阪)近鉄バファローズ」の1962?2004年限定で話題になったドラフト1位の有名選手を5人紹介する。

1980年ドラフト1位・石本貴昭選手

石本貴昭選手は1980年に春・夏両方の甲子園で活躍、その年に近鉄バファローズからドラフト1位指名を受けた左投げ左打ちの投手だ。
高卒で近鉄バファローズに入団、プロ生活5年目の85年、得意の直球とスライダーでリリーフとして70試合登板し、19勝3敗7セーブ、防御率3.56、勝率.864の好記録をマークする。 86年は64試合に登板し、8勝32セーブでセーブ王に輝き、チームのパ・リーグ2位躍進へ貢献した。

1981年ドラフト1位金村義明選手

金村義明選手は報徳学園出身。高校3年時にピッチャーで4番打者として春・夏の甲子園へ連続出場し、夏の甲子園ではチームの優勝に貢献した。1981年に近鉄バファローズと阪急ブレーブスからドラフト1位指名を受け、抽選の結果バファローズに入団する。
入団後は投手から内野手へ転向し、86年に三塁の1軍レギュラーに成長、「いてまえ打線」の中心的存在として活躍した。「いてまえ大将」と呼ばれるほど豪快な性格だったそうだ。

おすすめの記事