「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2016版東北楽天ゴールデンイーグルスの必勝パターン

2016 7/31 09:20
宮城球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Eaglefire



東北楽天ゴールデンイーグルスファンの方へ 。 昨シーズンは最下位で悔しい思いをしましたが今シーズンはどういう戦い方をするのか知りたいと思いませんか? 今記事では東北楽天ゴールデンイーグルスの戦い方をご紹介します。

2016年の東北楽天ゴールデンイーグルスはどんなチーム?

2014年、2015年と2シーズン連続で最下位に沈んだ東北楽天ゴールデンイーグルスは梨田昌孝新監督を迎えて2013年シーズン以来の日本一を目指します。そのための補強も行いFAで千葉ロッテマリーンズから今江敏晃選手、新外国人としてジャフェット・アマダー選手、ラダメス・リズ選手、ジョニー・ゴームズ選手を獲得しました。梨田昌孝新監督も「打線はいい」とコメントしており打って勝つ野球を目指してシーズンに挑みます。梨田昌孝新監督も課題は松井裕樹投手につなぐまでの中継ぎ投手とシーズン前からわかっていたようです。近鉄バファローズを”いてまえ打線”で優勝に導いた時のように”打ち勝つ野球”を理想として掲げていました。

2016年東北楽天ゴールデンイーグルスの打撃陣は?

1番に2015年シーズンは結果を残せなかった岡島豪郎選手を固定し2番に銀次選手を置く攻撃的な布陣を敷きシーズンをスタートさせます。しかし、レギュラー陣の岡島豪郎選手、今江敏晃選手、藤田一也選手が相次いで離脱してしまいなかなか思うようにことは運びません。その間、上位につけていたチームはBクラスに落ちてしまいます。離脱していた3選手が戦列に復帰すると徐々に勝ち始めクライマックスシリーズに手の届く範囲で奮闘しています。チームの特徴としては長打は少なく単打で繋いでいくマシンガン打線のイメージで気づいたら相手投手をKOし点を奪っているといったイメージです。これは、野村克也監督が率いていた2009年の東北楽天ゴールデンイーグルスが似ているかもしれません。

おすすめの記事