「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

広島東洋カープの18番を背負ってきた名選手5人

2016 7/31 18:20
18番
このエントリーをはてなブックマークに追加

カープで過去に18番を背負っていた選手達を知っているだろうか。2016年シーズン現在は空白になっているこのエースナンバー、過去にはどんな名選手が背負っていたのかを紹介する。

マエケン体操・前田健太投手

トップバッターは2016年シーズンから、メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースで活躍している前田健太投手、通称「マエケン」だ。ちなみに、前田投手はドジャースでも18番を託されている。 名実ともに球界のエースだった前田投手は、その絶妙な変化球のコントロールと直球のキレで、毎年コンスタントに好成績を残していた。
小学生のころからすでに頭角を現しており、西日本優勝など、31個ものタイトルを引っ提げて、中学では「忠岡ボーイズ」に所属。そこでも西日本大会で優勝、世界選抜のメンバーに選ばれた。 世界大会でも優勝しMVPを獲得。その後はPL学園でも活躍し、2006年のドラフトで広島東洋カープから1位指名を受けて入団。 まさに、野球エリートの道を真っすぐに歩んでいる名選手だ。

初代18番・竹村元雄投手

広島東洋カープは、1950年に設立された球団だが、その初代エースナンバーを背負うことになったのが、竹村元雄投手であり、しかもカープ初の外国出身投手だった(竹村投手は台湾出身)。 1949年に阪急ブレーブス(現オリックスバファローズ)に入団したが、一軍出場機会のないまま1年で退団。翌年にカープが誕生するに当たって、チームメイト数人とともに入団した。
当時の広島カープには、確たる親会社がなかったため、資金繰りが難航。そのため、選手を獲得する資金が足りないので、選手が不足していた。 そんな中、竹村選手は8試合に登板したが、価値を挙げることなく同年末に引退。ちなみに竹村投手は打者としてヒットを1本だけ打っているが、それがホームランという珍しい選手だった。

おすすめの記事