「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2016版 横浜DeNAベイスターズの必勝パターン

2016 7/31 09:20
筒香選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by DX Broadrec



2016年横浜DeNAベイスターズの必勝パターンが知りたい方へ
もっと応援したいけど、あまり詳しくない、周りに知っている人もいない、という人も多いのではありませんか?
ここではキーマンとなる選手や、必勝パターンなど、試合観戦をもっと楽しむポイントを紹介します。
※2016年5月16日現在の情報を基にしています。

攻守にバランスのとれたルーキー!倉本寿彦

プロ入り2年目の期待のルーキー倉本寿彦選手。現在は遊撃手でレギュラーに定着しています。 開幕から安打を量産して、チーム内トップの打率を誇っています。昨年は調子を落として2軍落ちも経験したものの、今年は一味違います。 長打はありませんが、右へ左へ打ち分ける巧打の左打者でチャンスメイクをしてくれます。 この人が打てばベイスターズの必勝パターンへとつながっていくでしょう。 打撃面だけでなく、守備機会が多い遊撃手というポジションで安定した守備を見せてくれており、今シーズンも目が離せない注目選手です。

日本を代表する左の大砲!筒香嘉智

いわずと知れた「ハマの主砲」、筒香嘉智選手です。 チーム全体の本塁打が少ない中で、唯一安定して長打が期待できる選手ですね。日本を代表するホームランバッターに成長して、国際試合などでも抜群の存在感を発揮しています。 弾丸ライナーでスタンドに突き刺さる打球は、圧巻の一言。 本塁打が少ないチーム事情で、筒香選手のホームランは必勝パターンのひとつとなっています。 4月28日からケガで戦線離脱をしていましたが、5月10日に1軍へと合流しました。ベイスターズに頼れる主砲が帰ってきてくれました。

先発の双璧!伊納翔一、今永昇太

横浜の先発陣を支える伊納翔一・今永昇太・石田健大の3本柱です。 中でも伊納投手、今永投手は防御率1点台と安定感を見せ付けています。両投手が投げれば横浜DeNAベイスターズの必勝パターンと言えそうですね。 与四死球や被本塁打が投球回数に比べてかなり低い数字を記録しており、低めにコントロールされている安定したピッチングができていますね。 現在最下位に沈んではいますが、チーム防御率はなんとリーグトップの成績なんです。 今永投手は駒沢大からドラフトでDeNA入りしたルーキーなのですが、巨人相手に内角で力勝負を挑むなど、果敢な投球が功を奏しています。ルーキーならではの思い切ったピッチングを今後も続けてもらいたいですね。

正捕手へ定着!戸柱恭孝

オープン戦でもラミレス監督からの厚い信頼を受けていたルーキー戸柱は、NTT西日本からドラフト4位で入団しました。 ルーキーとしては異例で、すぐさま正捕手へ抜擢されて投手陣を引っ張っています。セリーグのチーム防御率1位を誇る投手陣を支えているのは、間違いなくこのルーキーの戸柱選手ですね。 強気のリードと、その日によって自チームの投手や相手打者の調子などを見抜く鋭い観察眼は見所です。 横浜DeNAベイスターズの必勝パターンは、この人のリードが大きく貢献していると言っていいでしょう。

2年目の守護神!山﨑康晃

1年目のルーキーイヤーに新人としては異例の守護神を任されて37セーブ7ホールドを挙げた2年目の右腕です。リードしている場面で9回のマウンドに、この山崎が登板することができれば、横浜DeNAベイスターズの必勝パターンですね。150km/hを超えるストレートに何種類もの落ちるボールを武器としています。 2016年もシーズンを通して守護神として活躍することができれば、Aクラス入りはおろか優勝争いにも加わることが十分できるのではないでしょうか。

まとめ

2016年の横浜DeNAベイスターズは強力な投手陣に支えられて現在の成績を収めていますね。これに打撃陣が覚醒すれば磐石の必勝パターンで、優勝戦線に食い込んでくるでしょう。

以上「2016版 横浜DeNAベイスターズの必勝パターン」でした。

関連記事

おすすめの記事