「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2016版 中日ドラゴンズの必勝パターン

2016 7/31 09:20
大野投手
このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年、中日ドラゴンズを応援する方へ。
中日ドラゴンズを知ってもっと試合を楽しみたい!と思うのは当然ですよね。
ここでは2016年の中日ドラゴンズの必勝パターンについて紹介します。
※本記事は2016年5月16日現在の情報を基にしています

今年の新外国人は一味違う!ダヤン・ビシエド

開幕から3戦連発のホームランをかっ飛ばした脅威の新外国人、ダヤン・ビシエド選手です。 今年の中日ドラゴンズの必勝パターンはこの人抜きには語れないでしょう。 来日した直後のバッティング練習で、「ボールがバットに当たったときの音がえげつない!」として打ちまくる予感があったんです。 事実、ホームランダービー単独トップの13本を記録しています。 ビシエド選手の前にランナーを出して得点をあげていくというのが、今年の中日ドラゴンズの必勝パターンです!

チームの精神的支え!平田良介

名門大阪桐蔭高校出身の外野手、平田良介選手です。 中日ドラゴンズのキャプテンを務めるこの人は、チームの精神的な支柱とも言えるべき存在。キャプテンがどんどん打って勢い付けば、チームの雰囲気が良くなって自然といい流れができて必勝パターンへつながっていくものです。 バッティングだけでなく、外野手として守備も安定しており、5月15日の広島戦では9回にチームを救う捕殺を記録しています。結果的に広島へ流れが傾いて嫌なムードになりかけていたのを、キャプテンの好返球でドローゲームに持ち込んでいます。 平田選手のプレーは、中日ドラゴンズの他選手たちを「乗せてくれる」雰囲気を作ってくれていますね。

おすすめの記事