「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2016版広島東洋カープの必勝パターン

2016 7/31 09:20
岡田投手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by HKT3012



2016年広島東洋カープを応援している方へ。
広島東洋カープの必勝パターンをここでは見ていきたいと思います。
ピッチャー、バッターそれぞれの中心となる選手や戦略などを紹介します。
※本記事は2016年5月16日現在での情報を基にしています。

3割打者がズラリと並ぶ!脅威の上位打線

2016年広島の必勝パターンは、上位打線の調子の良さでガンガン打って勝つ攻撃的な野球です。1番:田中、2番:菊池、3番:丸、4番:新井、5番:エルドレッドと全員が3割を超えています。新井の勝負強い打撃とエルドレッドの長距離砲が、しっかりと打点を稼いでくれていますね。今年の広島は、開幕前の下馬評ではあまり評価が高い方ではありませんでした。しかし、蓋を開けてみれば、ヒットも打てる、ホームランも打てる、どこからでも走れる、という超攻撃型のチームとしてペナントレースを戦っています。

機動力が侮れない!俊足トリオは今年も健在

田中、菊池、丸の3人で広島東洋カープのチャンスを作り出しているといっても過言ではないでしょう。誰が出塁しても、すぐに盗塁を仕掛けてくるので、相手バッテリーにとっては気の休まる暇がありません。この俊足トリオ以外にも、どこからでも走ってくるという、昔からの広島東洋カープのお家芸とも言うべき「機動力野球」は2016年ペナントレースもしっかりと必勝パターンとして継承されています。スピード感溢れる、エキサイティングな試合運びは、ファンにも目を離すスキを与えてくれませんね。

おすすめの記事