「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

田澤純一選手以降のメジャー挑戦者を阻む「田澤ルール」とは?

2017 8/17 16:20cut
mlb,fenway
このエントリーをはてなブックマークに追加

通称「田澤ルール」とは

高校、大学、社会人などのアマチュア野球で活躍しメジャーリーグを目指す選手にとって大きな壁となっているのが「田澤ルール」だ。
「田澤ルール」とは2008年のドラフト1位候補だった田澤純一選手がメジャー志望を打ち出しドラフト指名を回避してもらうよう「指名回避要望書」を12球団に送付したことが発端だ。
これを受けNPBは『将来有望な選手が日本球界に入らず、直接メジャーリーグへ入団することでNPB人気が下落』することを防ぐルールを作る。そのルールは『ドラフト前にNPBはドラフト指名を拒否した場合、海外球団を退団した後に高校生は3年間、大学・社会人は2年間指名凍結する』というものだ。
これが「田澤ルール」だ。
海外チームに”入団後”ではなく"退団後"というのがポイントとなっておりアメリカなどの海外で調整し結果を残せず退団となっても日本でプレーすることはできないのだ。
これが抑止力となったか定かではないものの田澤選手以降でメジャー挑戦を果たした選手は出てきていない。

田澤選手の社会人時代は?

田澤選手は神奈川県の横浜商科大高校から新日本石油ENEOS(現JX-ENEOS)に進む。高校時代はエースとして活躍していた田澤選手は社会人になりリリーフとして活躍した。社会人2年目の日本選手権では3試合にリリーフ登板し3回を無失点に抑える好投。
ダルビッシュ有選手(レンジャーズ)、涌井秀章選手(ロッテ)と同世代の田澤選手は高校時代、二人に注目度では劣っていたが社会人での成長があり高校時代以上にプロからの注目を集めることになる。
しかし、田澤選手は皮肉にも実力以上にメジャー挑戦表明が注目をあびることになった。2008年夏、田澤選手はプロ野球全12球団へ「指名回避要望書」を送付したのだ。2007年に田澤は日本代表としてIBAFワールドカップを戦いアメリカへ挑戦したい思いを募らせ監督などに相談した結果この「指名回避要望書」に至った。
この「指名回避要望書」は波紋を呼ぶがNPBは指名可能と確認する。しかし、田澤は指名されても指名拒否をしメジャーリーグ挑戦をする意思を明らかにし運命のドラフト当日を迎える。
「田澤ルール」が設立されても田澤の意思は変わらない。運命の2008年ドラフトで田澤は指名されず改めてメジャーリーグ挑戦を目指す。

おすすめの記事