「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

田澤純一選手以降のメジャー挑戦者を阻む「田澤ルール」とは?

2017 8/17 16:20cut
mlb,fenway
このエントリーをはてなブックマークに追加

通称「田澤ルール」とは

高校、大学、社会人などのアマチュア野球で活躍し、メジャーリーグを目指す選手にとって大きな壁となっているのが「田澤ルール」だ。

「田澤ルール」とは2008年のドラフト1位候補だった田澤純一選手がメジャー志望を打ち出し、ドラフト指名を回避してもらうよう「指名回避要望書」を12球団に送付したことが発端だ。

これを受けNPBは『将来有望な選手が日本球界に入らず、直接メジャーリーグへ入団することでNPB人気が下落』することを防ぐためのルールを作る。そのルールとは、『ドラフト前にNPBのドラフト指名を拒否した場合、海外球団を退団した後に、高校生は3年間、大学・社会人は2年間、指名を凍結する』というもの。これが「田澤ルール」だ。

海外チームに”入団後”ではなく"退団後"というのがポイントとなっており、アメリカなどの海外へ挑戦した場合、結果を残せず退団となってもすぐに日本のプロ野球でプレーすることができないのだ。

これが抑止力となったか定かではないものの、田澤選手以降でメジャー挑戦を果たした選手は出てきていない。

田澤選手の社会人時代は?

田澤選手は、神奈川県の横浜商科大高校から新日本石油ENEOS(現JX-ENEOS)に進む。高校時代はエースとして活躍していた田澤選手は、社会人野球ではリリーフとして活躍した。社会人2年目の日本選手権では3試合にリリーフ登板し、3回を無失点に抑える好投をみせている。

ダルビッシュ有選手(レンジャーズ)、涌井秀章選手(ロッテ)と同世代の田澤選手は高校時代、注目度では二人に劣っていたが社会人での成長もあり、高校時代以上にプロからの注目を集めることになる。

しかし、田澤選手は皮肉にも実力以上にメジャー挑戦表明が注目をあびることになった。2008年夏、田澤選手はプロ野球全12球団へ「指名回避要望書」を送付したのだ。2007年に田澤選手は日本代表としてIBAFワールドカップを戦い、アメリカへ挑戦したい思いを募らせ監督などに相談した結果、この「指名回避要望書」に至った。

この「指名回避要望書」は波紋を呼ぶが、NPBは指名可能と確認する。しかし、田澤は指名されても指名を拒否し、メジャーリーグに挑戦する意思を明らかにし、運命のドラフト当日を迎える。

運命の2008年ドラフト。結局、田澤は指名されることなく会議は終了した。

1年目のホロ苦メジャーデビュー

ドラフト会議終了後、田澤選手は改めてメジャーリーグ挑戦を目指す。その、田澤選手と契約を結んだのは、アメリカンリーグ東地区の雄ボストン・レッドソックスだった。レッドソックスは田澤選手と3年400万ドルでメジャー契約を結んだ。

メジャー1年目の田澤選手はマイナーで開幕を迎える。メジャー昇格を果たしたのは8月に入ってからだったが、幸運なことに昇格当日にデビューを果たすこととなる。デビュー戦の相手は、松井秀喜選手の所属するニューヨーク・ヤンキースだ。

デビュー戦では松井選手を抑えるものの、次の回にA-ロッドことアレックス・ロドリゲス選手にサヨナラホームランを浴びてしまう。デビュー戦で黒星を喫した田澤選手は、1年目にメジャー初勝利もマークするが、2勝3敗、防御率7.46と不本意な成績に終わってしまう。
2年目の田澤選手はスプリングトレーニングでヒジの違和感を発症し、トミージョン手術を受けることになる。この手術によって田澤選手は2010年を全休することが決まる。

退路を断ってワールドチャンピオンへ

田澤選手がメジャーリーグで実績を残し始めるのは、手術明け2年目となる2012年以降だ。2013年には71試合に登板し、セットアッパーとしてクローザーの上原浩治選手へ繋ぐ役割をこなす。田澤選手は非常に安定した投球を見せ、レッドソックスはワールドチャンピオンに輝く。NPBを拒否し退路を断った田澤選手は、チャンピオンリングを手に入れたのだ。

ファンや関係者から「成功するわけない」、「甘く見るな」といった批判めいたコメントが多く聞かれていたが、田澤選手は結果で見返したのだ。田澤選手の勇気ある決断は、5年の時を経て花開いた。

その後も2016年までレッドソックスで中継ぎとして活躍し、2017年シーズンからはマイアミ・マーリンズで戦う。

田澤選手以降のメジャー志望アマチュア選手は?

田澤選手のドラフト以降、高校生、大学生でメジャーリーグ志望を打ち出す選手が増えてきた。

「田澤ルール」ができた1年後の2009年、春の選抜甲子園で152キロをマークし準優勝に輝いた菊池雄星選手(花巻東→西武)もその1人だった。

菊池選手はメジャー志望を打ち出しており、甲子園でも結果を残したことから日米20球団と面談する。面談終了後に菊池選手は両親、監督と相談し、高卒即メジャーを断念すると表明した。「日本で結果を残し認められてから世界で勝負する」というのが菊池選手の思いだった。

2009年ドラフトで菊池選手は6球団競合となり、抽選の結果、西武が交渉権を引き当て入団に至る。その後、菊池選手は西武で実績を残し、2016年シーズンは初めての規定投球回到達を果たす。2018年オフにもポスティングを用いたメジャー挑戦の可能性も報じられている。夢舞台へ菊池選手の挑戦は続く。

田澤選手のドラフトから5年後、菊池選手から4年後となる2013年のドラフトでは、大谷翔平選手(花巻東→日本ハム)が強いメジャー志望を表明した。大谷選手のメジャー志望は菊池選手よりも大きく報じられ、ドラフト当日もメジャー挑戦を語っている。

この強い意志がある中で指名する球団が現れるのか注目を集めたが、日本ハムが強行で1位指名を行った。ドラフト指名後も大谷選手は「動揺した。でも、アメリカでやりたい気持ちは変わっていません」と声明を発表する。

しかし、日本ハムの粘り強く誠意ある交渉で大谷選手は、日本ハムへ入団することを決断した。この際に日本ハムが作成した30ページの資料「大谷翔平君 夢への道しるべ 日本スポーツにおける若年期海外進出の考察」は、日本ハムのホームページにも公開されている。

大谷選手のその後の活躍は目をみはるものがあり、2017年シーズン終了後にもメジャーリーグ挑戦が既定路線とされている。

おすすめの記事