「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【予想】2017年読売ジャイアンツのスタメン、ローテーションは?

2016 11/30 00:00cut
東京ドーム、野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年シーズンの振り返り

高橋由伸新監督のもとで2013年以来の日本一奪回を狙った読売ジャイアンツですが、2年連続でシーズン2位に終わってしまいました。
開幕戦をエース菅野智之選手でものにすると4連勝を飾ります。開幕4連勝スタートで優勝できなかったのは過去一度だけという吉兆のシーズンに突入しますが、5月半ばの7連敗で首位から陥落すると一度も首位を奪い返すこと無くシーズンを終えてしまいます。最終的に優勝した広島から17.5ゲーム差を付けられるまさに完敗のシーズンでした。
マイコラス選手の出遅れ、ポレダ選手の不振と外国人投手が誤算でした。そして、阿部慎之助選手も右肩の故障でシーズンを通して働けず、その他の若手選手が突き上げてくることもなかったのです。
しかし、坂本勇人選手がセ・リーグ史上初となる遊撃手としての首位打者に輝くなど明るい話題もありました。投手陣では3年目となる田口麗斗選手がチーム唯一の二桁勝利をマークし、オフには侍ジャパンにも選出されています。また、マシソン選手が41ホールドで最優秀中継ぎのタイトルを獲得しました。
シーズンオフには渡辺恒雄最高顧問が「補強してないフロントの責任」と発言し現場は守られましたが、悔しい一年となってしまいました。

シーズンオフの新戦力チェック

優勝を逃した巨人はドラフトで即戦力投手候補である田中正義選手(ソフトバンク)、佐々木千隼選手(ロッテ)の抽選を外し、投手ではなく内野手の吉川尚輝選手を指名しました。吉川選手は大学時代遊撃手で起用されていましたが長年、巨人のウィークポイントとなっている二塁手の候補、そして数年後に坂本選手の後釜として起用を考えての指名です。
2位以下で指名した6人はすべて投手となっており即戦力、長期育成とバランス良く指名を行いました。
FAでは森福允彦選手、山口俊選手、陽岱鋼選手と史上初めて同一年に3名のFA選手を獲得しました。中継ぎ、先発、中堅手と補強ポイントにもなっており戦力の大幅アップは間違いないところです。
新外国人選手は2013年に楽天の日本一に貢献したマギー選手。2016年シーズンにメジャーリーグで57試合に登板している中継ぎのカミネロ選手を獲得。澤村拓一選手と守護神を争います。
また、トレードで日本ハムから吉川光夫選手、石川慎吾選手を獲得。吉川光選手は先発ローテーション争いに加わりそうです。
渡辺最高顧問の言葉に触発されたのかシーズンオフには30億円以上とも呼ばれる補強を行っており2017年シーズンに期待がかかります。

おすすめの記事