「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

カープ不動のリードオフマンへ!田中広輔が2016年に見せた成長

2017 8/17 16:20Mimu
リードオフマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年はタナ・キク・マルとしてブレイク

2016年は広島カープ不動のリードオフマン(1番バッター)としてセリーグ制覇に貢献した田中広輔選手。大学・社会人を経由しているので入団は遅めだが、実は菊池涼介選手や丸佳浩選手らとは同い年。田中選手がブレイクする前は「キク・マル」コンビとしておなじみだったが、いまでは「タナ・キク・マル」がすっかり定着した。
確かに打撃3部門だけを見ると打率.265に13本塁打、39打点。菊池・丸選手ら比べれば見劣りしてしまう。守備だって菊池選手のように「誰が見てもすごい」くらいの派手さはない。だが2016年の田中選手は、打撃成績以上にチームに貢献する姿勢を見せた。今回は田中選手の経歴を振り返りつつ、2016年の田中選手がいかに成長したのかを見ていこう。

名門校でいきなり主力選手に

田中選手は東海大相模高校から東海大学、JR東日本を経て、2013年のドラフト3位を広島カープに入団した。高校・大学時代は巨人の菅野智之選手と同期で、田中選手はなんと入学直後の1年春からベンチ入り。2年の春には甲子園も経験した。激戦区神奈川ということもあり、1度しか甲子園へ出場は叶わなかったが、スカウトからも評価は非常に高かったそうだ。しかし、田中選手はプロ志望届を出さずに東海大学へと進学する。ちなみに1つ後輩に日本ハムの太田泰示選手が在籍しており、田中選手卒業後のショートを守っていた。
東海大学では2年生からショートのレギュラーとなる。2年の秋には打率.273という成績だったが、11四球を選んで.418という出塁率を記録しているあたり、当時から田中選手の持ち味が発揮されていたことがうかがえる。3年時には全国大会にも出場し、準優勝も達成。大学最後のリーグ戦となった4年生の秋には.375を記録して首位打者を獲得するなど、大学でも世代を代表するショートとなるのだ。しかし、ここでもプロという進路を選択せず、JR東日本へと入社する。

おすすめの記事