「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球で背番号3番を背負う意味とは?

2016 8/1 03:20
背番号3番
このエントリーをはてなブックマークに追加

背番号というのは、それぞれに意味があり求められている役割というのがある。そこで、今回は背番号3が意味する役割を紹介したい。

高校野球における背番号3番とは?

高校野球における背番号は、1番が投手、2番が捕手、3番は一塁手というようにポジションを表している。 そのため、一塁手として高校野球で活躍した選手は、背番号3番をつけていることがほとんどだ。 古くはPL学園の清原和博選手や、昨夏(2015年夏)話題を独占した早稲田実業の清宮幸太郎選手も3番だった。 プロ野球に入ってくる選手は、高校時代にエースピッチャーやショートをしていた選手が多く、ファーストをやっている選手はあまり多くない。背番号3でピンとくる選手は清原和博選手くらいではないだろうか。甲子園大会で注目してみるのも面白いかもしれない。

背番号3番といえば長嶋茂雄

プロ野球において背番号3番といえば、”ミスタープロ野球”こと長嶋茂雄を差し置いて他にはいないだろう。 立教大学から読売ジャイアンツに入団し、常に全力でプレーしてきた長嶋茂雄は、国民的スターとして現役時代を全うする。 当然のように読売ジャイアンツでは永久欠番になっているが、他の球団に入団した選手が長嶋茂雄に憧れて3番をつけるということもあったようだ。 現役を引退して監督になった長嶋茂雄は、2000年に33番から現役時代の3番に背番号を変更する。その背番号をジャンパーで隠し、報道陣を焦らしながら注目を集め、ここぞという時に公開するといった粋な演出も行った。

おすすめの記事