「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

強いキャプテンシー(統率力)でチームを導けるか!?阪神・上本博紀の挑戦

2017 8/17 16:20Mimu
内野手
このエントリーをはてなブックマークに追加

チーム1強いキャプテンシーを持つ上本博紀

2016年シーズンは苦しい1年となってしまった阪神の選手会長・上本博紀選手。2017年からは、背番号を入団以来背負っていた「4」から「00」へと変更し、番号通り0からの再スタートとなる。もともと非常に責任感の強い選手なので、チームが不調な時に貢献できなかったというのは、彼にとっても非常に歯がゆい状況だったことだろう。
入団以来、平野恵一さんや西岡剛選手など、常に実績のある選手たちばかりがライバルだった。しかし彼らのケガなどによって与えられたチャンスでしっかりと結果を出し、2014・2015年と2年連続で規定打席に到達している。俊足を生かしたスピード感のあるプレーや、小柄ながらパンチ力のあるバッティング、そして誰よりも強いキャプテンシー、彼が本来の力を発揮することができれば、チームにとっては大きな力となることだろう。今回はそんな上本選手の経歴を振り返りつつ、そのキャプテンシーの強さがうかがえるエピソードなどを紹介しよう。

広陵高校時代からキャプテンとしてチームを引っ張る

上本選手は広島県の広陵高校時代から注目された存在だった。全国でも屈指の強豪校として知られる広陵高校で、1年生からレギュラーを掴むと、夏の県大会では9打点を挙げる大活躍。中学を卒業したての1年生が、チームの甲子園出場に大きく貢献する。2年生になるとトップバッターに抜擢され、春夏連続で甲子園に出場。春の選抜では優勝、夏の甲子園では2回戦敗退となってしまったが、初戦の東海大甲府戦で先頭打者本塁打を放つと、そこから2回戦の岩国高校戦まで、10打席連続出塁という記録を打ち立てる活躍を見せた。
そして、2年の秋からは新チームのキャプテンに就任。さらにチーム事情から捕手へコンバートされ、その負担が非常に大きくなったが、それでもキッチリと期待に応え、春の選抜への出場をはたす。そして最後の夏は県予選で敗退となってしまったが、常にチームのことを想うその姿勢には、監督やチームOBからも高く評価されていた。

おすすめの記事