「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

巨人優勝のキーマンは長野久義!?かつての勝負強さを取り戻せるか

2017 8/17 16:20Mimu
外野手
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年巨人のキーマンは長野久義!?

2015年の大不振から復活を遂げた長野久義選手。2016年シーズンは本塁打・打点こそ少し減ってしまったが、.251に終わってしまった打率を.283に戻すなど、かつての安打製造機の姿を取り戻しつつある。6月ごろには4番に座っていた時期もあった。
とはいえ、まだまだ長野選手のポテンシャルからすると、物足りない成績だ。さらに2017年シーズンからは日本ハムから陽岱鋼選手も加入することもあり、長野選手の立場は決して安泰とは言えない。
しかし、まだまだ巨人には彼の力が必要不可欠だろう。チームはリーグ優勝でいえば2014年以降、日本シリーズでいえば2013年以降、その舞台から遠ざかっている。だが好成績を収めたシーズンは長野選手の活躍が目立っていた。例えば、最多安打を獲得した2012年は日本一に輝いた。大舞台にも強く、その勝負強さはチームにとって大きな力となる。今回はそんな長野選手について、詳しくまとめてみた。

大学時代に後輩のアドバイスで才能開花

長野選手は福岡県の筑陽学園高校から日本大学へと進学した。そしてここで、長野選手独特のあのスタイルが完成する。
当時から外角スライダーが弱点だった長野選手。そこで後輩からのアドバイスを受けて、ベースから離れて立つことにしてみた。これはシンプルに外の球を「バットが届くならストライク・バットが届かないならボール」と見極めるための策だったのだが、これが長野選手にピタリとハマり、なんと4年生の2006年シーズンには春・秋の2期連続で首位打者を獲得する活躍を見せるのだ(春季.489 秋季.404)。
ちょっとしたことで急に才能が開花するというのもすごいのだが、何より上下関係の厳しい野球というスポーツで、後輩のアドバイスを素直に聞き入れたというところに、長野選手の人柄の良さがうかがい知れる。

おすすめの記事