「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年のヤクルトは?開幕スタメン、先発ローテーションを大予想

2017 5/18 18:54cut
野球、ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年シーズンのヤクルト総括

2015年に14年ぶりのセ・リーグ制覇を果たし二連覇を目指したヤクルトですが2016年シーズンは序盤から畠山和洋選手が故障しつまずきます。夏場には川端慎吾選手、山田哲人選手らも相次いで故障し戦線離脱を余儀なくされ圧倒的な破壊力を誇った強力打線が崩壊します。
2015年シーズンは鉄壁を誇ったリリーフ陣のトニー・バーネット選手、オーランド・ロマン選手、ローガン・オンドルセク選手の外国人トリオのうちトニー・バーネット選手、オーランド・ロマン選手が退団し弱体化してしまいました。クローザーとして期待された2年目のローガン・オンドルセク選手はシーズン半ばに首脳陣批判で帰国、退団するなど全員が2016年シーズン中に全員が姿を消してしまいます。
ドラフト1位で入団した新人の原樹理選手も開幕からローテーションを守りますが結果を残せません。
野手、投手共に誤算が続きシーズンは5位で終わってしまいます。
悲観的な内容が多いシーズンでしたが嬉しいニュースもありました。2011年以来、右肩の故障により一軍登板かなくリハビリを続けていた由規選手が5年ぶりに復帰し白星を挙げ感動をもたらします。
野手ではオリックスから移籍してきた坂口智隆選手が攻守に渡り活躍し不動のリードオフマンとして年間を通じ好成績を残しました。また、山田哲人選手はケガで2週間の離脱があったものの2年連続トリプルスリーを達成し注目を集めます。

2016年オフの補強はどうだった?

中日からFAの噂があった平田良介選手へのアタックが予想されていましたが残留となったこともあり2014年オフシーズン以来となるFA組からの補強はありませんでしたが補強はしっかりと行っています。
まず、ドラフト会議では7名の選手を指名し5名が投手という投手陣に力を入れた補強になっています。
ドラフト1位の寺島成輝選手(履正社高校)は高校ビッグ3とも評されており注目度の高い選手でした。その寺島成輝選手の一本釣りに成功したヤクルトは2位で星知弥選手(明治大学)、3位で梅野雄吾選手(九産大九産高)、4位で中尾輝選手(名古屋経済大)と4位指名までを投手で固めます。左投手で寺島成輝選手、中尾輝選手、右投手で星知弥選手、梅野雄吾選手と左右のバランス、高卒、大卒のバランスも取れており2017年シーズンの即戦力候補、将来への育成への方針がはっきりした指名となりました。
6位の菊沢竜佑選手(相双リテック)は軟式野球からの転向となり隠し玉として取り上げられています。菊沢竜佑選手は1988年生まれの田中将大選手(ヤンキース)世代となり2017年シーズン29歳となるオールドルーキーです。
ドラフト5位で古賀優大選手(明徳義塾高校)、育成1位で大村孟選手(石川ミリオンスターズ)と捕手を指名しドラフトはバッテリーのみの使命となっています。
また、外国人選手の補強としてアメリカのマイナーリーグでリリーフとして活躍していたプレストン・ギルメット選手、一塁手候補としてパワーヒッターのディーン・グリーン選手を補強します。
他球団を戦力外となった選手の中では外野手の榎本葵選手(元楽天)を獲得しました。
ヤクルトの補強はドラフトで先発投手を中心としたバッテリー、外国人選手でパワーヒッターとクローザー候補、そして戦力外から外野手の補強と期待される役割によって手段を使い分けています。

おすすめの記事