「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

埼玉西武ライオンズの18番を背負ってきた名選手5人

2016 7/31 09:20
背番号18
このエントリーをはてなブックマークに追加

西武ライオンズはここ数年こそBクラスに甘んじているが、脈々と勝ちを重ねてきた伝統あるチーム。そんな西武の歴代エースはどんな選手だったのだろうか。本記事では埼玉西武ライオンズでエースナンバーを背負ってきた名選手達を紹介する。

ロカビリー投法で打者を切った18番・若生忠男

始めにご紹介するのは、若生忠男投手だ。1955年に入団し、1960年から1962年までの3シーズン、18番をつけた。 背番号が見えるほどに全身にひねりをかけ、アンダーハンドから繰り出される変化球は、“ロカビリー投法”と呼ばれ、キレのいい変化球で打者を翻弄。1967年9月17日にはノーヒットノーラン達成、1968年には通算100勝目を挙げるなど、長く主力投手として活躍した。
【通算成績】578試合/105勝107敗/防御率2.81

名投手稲尾の穴を埋めた九州育ちの18番・河原明

次にご紹介するのは、河原明投手だ。1968年、ドラフト1位で入団し、その年から74年まで7年間、18番を背負った。 本来はオーバースローであったのを、入団後にサイドスローに修正。プロ1年目は未勝利に終わったにもかかわらず、2年目には12勝を記録する成長を見せ、4年連続4試合以上登板するなど活躍した。
その後も、名手稲尾和久が衰え引退していくライオンズにあって、大車輪でチームを支えた選手だ。
【通算成績】280試合/41勝76敗1セーブ/防御率4.25

おすすめの記事