「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

夢と感動と愛を与えた日本野球界の偉人5人

2016 7/23 23:12
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

夢と感動と愛を与えてくれたプロ野球選手といえば、誰を思い浮かべるでしょうか?
今回は、夢と感動と愛を与えくれた日本野球界の偉人を5人ほど、皆さんへご紹介します。

夢と感動と愛を与えた日本野球界の偉人「王貞治」

日本の野球界において、日本国民全体に夢と感動と愛を与えくれた選手と言えば王貞治さんでしょう。王さんは壮絶な「努力」によって「一本足打法」を確立し、1977年、メジャーリーグのハンクアーロンが有していたホームラン世界記録を塗り替える756号ホームランを放ちました。
王さんはプロ野球入団当初は優秀だったどころか、むしろプロとして不振を極めていた選手でした。 それを、何度となく血豆を潰しながら素振りを基本とした猛練習を重ねることで一本足打法を自分のものにし、世界的記録を樹立した「努力の人」であったことが多くの国民に夢と感動を与えたのです。

夢と感動と愛を与えた日本野球界の偉人「長嶋茂雄」

「ミスタープロ野球」と呼ばれたほど野球界のスターで、国民に多くの夢や感動、愛を与えた選手は長嶋茂雄さんです。
彼は公式戦のみならず日本シリーズ、更にはオールスター戦においても通算打率で3割を超えるという偉業を成し遂げていますが、この記録を達成できたのは長い日本野球史において今尚長嶋茂雄ただ一人です。
しかし長嶋茂雄は単にバッターとして優秀だったから、ファンから愛されるようになった訳ではありません。例えば9回ツーアウトの敗戦濃厚な状況で劇的逆転サヨナラホームランを放つなど、ファンが「ここで打って欲しい」と願う一番プレッシャーのかかる場面になればなるほど燃え、見事に期待に応える活躍をし続けてきたことが多くのファンを魅了し、誰からも愛される選手となった所以なのです。

おすすめの記事