「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ハムの歴代ドラフト1位選手〈2〉~大谷、ダルビッシュ…強運すぎる?~

2016 12/16 20:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典https://www.daily.co.jp/

FA権取得で球界を騒がせている陽岱鋼選手、メジャーリーグで活躍するダルビッシュ選手など、今もなお話題性のある選手たちを獲得してきた日本ハムファイターズ。大活躍をしていた元日ハム選手を含め、歴代のドラフト1位に指名され、1981年?2005年に活躍した選手たちを抜粋、紹介する。

2005年ドラフト1位 陽 岱鋼選手

台湾・台東市出身の陽選手。2005年のドラフト会議で日本ハム、ソフトバンクから1位指名を受けて抽選で交渉権を獲得した日本ハムに入団。2013年には、400イニング以上に出場し、超一流の守備として高く評価されている。守備範囲が広く、反応も速い走攻守で華麗なプレーが武器の陽選手。センターとしては日本一とも言われている。2013年には盗塁王を獲得、2016年は開幕スタメンとしても多くの試合で活躍されていた。

2004年ドラフト1位 ダルビッシュ有選手

2007~2011年の間、球団史上最長の5年連続開幕投手を勤めたダルビッシュ選手。その活躍ぶりは記憶にもよく残っている方も多いのではないだろうか。2004年のドラフトではかなりの注目度だった。
日本ハムファイターズから1位指名を受け、入団。同年には右膝の関節炎でドクターストップがかかったが、2007年の初開幕投手を務めてからはMVP、シリーズ敢闘選手賞などを受賞、日本プロ野球史上最年少で、2億円プレーヤー、2010年には史上最年少、最速で5億円プレーヤーとなった。2012年からはテキサス・レンジャーズで活躍している。

おすすめの記事