「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

武田翔太は背番号のジンクスを覆せるか ホークスで「18」を背負った男たち

2019 3/19 15:00SPAIA編集部
背番号「18」
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ野球でエースナンバーと呼ばれる背番号「18」。どの球団も大きな期待をかけて託すのだが、現在武田翔太が背負う福岡ソフトバンクホークス(福岡ダイエーホークス)の背番号「18」にはある共通項があった。代表的な選手とともに紹介したい。

「山内トリオ」で売り出した山内和宏

福岡ソフトバンクホークスの前身、福岡ダイエーホークスの初代背番号「18」は山内和宏。さらにその前身であった南海ホークスに入団した1981年から、中日ドラゴンズへ移籍する1990年半ばまで約10年間の間、背番号「18」を背負っていた。

山内和宏は南海ホークス入団直後から、同姓投手の山内孝徳、山内新一と合わせて「山内トリオ」として売り出されるなど、球団からも大きな期待をかけられていた。入団3年目の1983年には18勝を挙げ最多勝のタイトルを獲得するなど、低迷期のホークスの柱として活躍したが、選手人生の後半は利き腕の血行障害に悩まされ1990年のシーズン途中に中日に移籍、その後1993年に現役を引退した。

山内和宏ホークス在籍時の成績,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

投球スタイルは直球を軸として変化球を織り交ぜる正統派。入団当初は力で押し込むタイプだったが、ボールを散らしながら緩急を使ったピッチングへと変化した。そのため、決してコントロールの悪い選手ではなかったが、投球数が増えボールも多かった。

おすすめの記事