「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中日ドラゴンズの18番を背負ってきた名選手5人

2016 7/20 20:11
中日ドラゴンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

中日ドラゴンズファン必見!
多くの球団が背番号18をエースナンバーとして扱っているが、中日ドラゴンズはそうではない。
今回はそんな中日ドラゴンズの伝統ある18番を継承してきた名選手5人をピックアップして紹介しよう。※()は18番を背負っていた年度

名投手を多数育成”稲葉光雄”(1971年~1976年)

1970年のドラフト2位で中日ドラゴンズに入団した稲葉光雄選手は、2年目に20勝を挙げるなど主力として活躍する。その後は伸び悩み、2年目以降に中日ドラゴンズで2ケタ勝利を挙げることは出来なかった。しかし、トレードで移籍した阪急ブレーブスでは1年目から17勝を挙げるなど、4度の2ケタ勝利をマークする。
引退後はコーチとして中日ドラゴンズに戻り、多くの投手を育てる。しかし、試合前の練習中に身体の不調を訴え、病院に搬送されたが、そのまま息を引き取る。稲葉光雄コーチが育てた投手たちが現在活躍してチームを支えているのを、きっと天国から見守っているだろう。

危険球で退場といえばこの男”鹿島忠”(1983年~1996年)

鹿児島実業から鹿児島鉄道管理局を経て1982年のドラフトで1位指名された鹿島忠投手は、右の本格派投手として期待されて入団する。1年目は一軍登板はなく、2年目に7試合登板して覚醒の時を待った。5年目までは先発としての起用もあったが、6年目から引退までは貴重な中継ぎとしてチームに貢献する。
鹿島忠選手のハイライトは、読売ジャイアンツのウォーレン・クロマティ選手への危険球だろうか。その危険球で乱闘となり鹿島忠選手は退場処分を喰らっている。引退後は中日ドラゴンズ、東北楽天ゴールデンイーグルスでコーチを務めるなど人望もあった。

おすすめの記事