「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

福岡ソフトバンクホークスを引っ張る選手!柳田悠岐(やなぎたゆうき)の功績紹介

2016 12/2 01:42
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.daily.co.jp/

今やプロ野球パリーグを代表する常勝チームである福岡ソフトバンクホークス。そのホークスにおいて打線の中心としてチームを引っ張るのが柳田悠岐選手だ。柳田選手はこれまでにどのような功績を残してきたのだろうか?

柳田悠岐のおいたち

柳田選手は1988年生まれで、野球を始めたのは小学生の頃だった。意外なことに、野球を始める前は実はサッカーをしていたそうだ。広島県出身の柳田選手だが、住んでいた地域がサッカーのサンフレッチェ広島のホームスタジアムから近いということでサッカーに取り組む子どもが多く、当初は柳田選手も御多分に洩れずサッカーチームに入っていた。しかし小学3年生の時に友人に誘われて野球チームに入団すると、野球に熱中していく。
その後、中学校では軟式野球のクラブチームに所属、高校、大学を経て2010年のドラフトで2位指名を受けて福岡ソフトバンクホークスに入団した。

高校時代は普通の選手だった?

柳田選手は全国でも屈指の名門、過去には全国制覇の経験もある広島商業高校に進学する。しかし、中学時代にこれといった成績を残していない柳田選手は、入部当初は周囲の上手い選手たちの中に埋もれてしまっていた。同学年の田中将大や前田健太、坂本勇人らが早い段階から甲子園で活躍していたのに対して、柳田は高校2年の夏までベンチにすら入れずスタンドで応援していた。
そんな柳田がレギュラーを掴むきっかけとなったのが、バッティングフォームの改革だった。当時近鉄でホームランを量産していた中村紀洋選手の1本足打法を参考に自身のフォームを修正したところ、打球の飛距離が伸びるなど打撃成績が良くなり、2年の秋に念願のレギュラーに抜擢されたということだ。レギュラーにはなれたものの、3年の夏は県予選準決勝で敗れ、甲子園には1度も出場することなく高校野球を引退することになった。

おすすめの記事