「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

福岡ソフトバンクホークス工藤公康監督の功績!選手・監督・学生として

2016 12/2 01:42
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典https://www.daily.co.jp/

現在、プロ野球福岡ソフトバンクホークスの監督を務める工藤公康だが、監督としてだけでなく選手時代にも多くの実績を残していることをご存知だろうか?さらに研究者としての側面も持っているのだとか。今回はそんな工藤監督の功績について紹介したいと思う。

工藤公康とはどんな人物なのか?

工藤公康は愛知県出身で地元の名古屋電気高校(現在の愛知工業大学付属名電高校)から1981年にドラフト6位で西武に入団した。高校時代には甲子園でノーヒットノーランの活躍を見せるなど頭角を表してしていた。
西武では入団1年目にチームが日本一になったのを皮切りに計8度の日本一を経験する。その移籍した福岡ダイエーホークス、巨人でも日本一を経験し選手として計11回日本一に輝いた。
行く先行く先でチームの日本一に貢献することから工藤は優勝請負人と呼ばれており、それは監督となった今も続いている。

歴史に残る数々の記録

工藤公康は投手として1982年から2010年までなんと29年間プレーし続けた。この実働29年というのは歴代1位タイの記録だ。また選手として日本シリーズに14回出場しておりこちらも歴代シリーズタイの記録だ。
これらの記録を見るだけでもすごい選手だったということはわかると思うが、投手としての成績224勝142敗。6割を超える勝率を残している。
2015年から福岡ソフトバンクホークスの監督を務めているが、就任1年目にして2位に12ゲーム差をつけ、圧倒的な力でパリーグを制すると、勢いそのままに日本シリーズでもヤクルトを下し日本一に輝いている。
投手として偉大な記録を残した工藤公康だが監督としても偉大な記録を残し始めている。

おすすめの記事