「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

凄腕!北海道日本ハムファイターズ・栗山英樹監督の功績とは

2016 12/2 01:42
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典https://www.daily.co.jp/

監督として多くの実績を残しているプロ野球北海道日本ハムファイターズ栗山英樹。その功績について紹介したいと思う。

栗山英樹とはどんな人物?

小学生の時に野球を始めた栗山だが、学時代には一度野球を離れバレーボール選手に転向している。バレーではセッターを務め、バレーでのレシーブ経験がのちに野球の外野での守備に活きることになった。
中学時代に再び野球を始めるとその才能からスカウトを受け、東京都の創価高校に入学する。残念ながら甲子園出場はかなわず、栗山は教員を目指して東京学芸大学に入学する。大学でも野球を続けていたが、目標は教員になることでプロ野球選手ではなかった。しかし、打者として高打率を残すなどの活躍をしたことでプロ野球への気持ちが強くなり、テストを経てヤクルトスワローズへ入団することになる。
その後わずか6年間で現役を引退することになるが、引退後は野球解説や大学教員として活躍する。そして2012年に北海道日本ハムファイターズの監督に就任し、現在も監督として活躍している。

選手としての成績

プロ野球選手としての年数は6年という短いものだった。入団当初、プロのレベルの高さを痛感した栗山は、自身の俊足を活かして外野へポジションを変更したり、スイッチヒッターに転向したりするなどの工夫に加え、猛練習に取り組んだ。その結果3割を超える打率、ゴールデングラブ賞に選ばれるなどの成績を残した。
では、なぜ栗山は6年でプロ野球選手を終えることになったのだろうか?それはメニエール病という病気を患ったためだ。メニエール病は三半規管の病気で厚生労働省の難病疾患に指定されている。栗山もメニエール病によって平衡感覚が狂うようになり、一時は治療により一軍から遠ざかっていたが、それでも練習に取り組んだ結果、病にかかりながらもレギュラーを獲得するなどの活躍を見せる。
しかし、その後レギュラーを奪われたこと、肘の故障、メニエール病などの問題が重なりわずか6年で引退することになった。

おすすめの記事