「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

広島東洋カープの名選手~その功績を探る<緒方孝市編>

2016 12/2 01:42
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://www.asahi.com/

広島東洋カープを見事25年ぶりの優勝へと導いた緒方孝市監督。最近試合を見始めた若いカープファンは、緒方さんの現役時代を知らない方も多いかもしれない。カープ一筋・緒方さんのプロ野球人生と功績を紹介する。

緒方監督の野球人としての原点

本名は緒方孝市。1968年12月25日生まれで、出身は九州の佐賀県。現役当時のポジションは外野手で、ゴールデングラブ賞を5回獲得するほどの実力の持ち主だ。 高校は地元佐賀県の佐賀県立鳥栖高等学校へ入学。3年生の時に出場した九州大会でベスト8、夏の全国高等学校野球選手権の佐賀大会ではベスト4の成績を納める。
その後大学へは進学せず、1986年のドラフト会議で指名を受けた広島東洋カープの提示条件に合意し、プロ野球人生をスタートさせるのだった。

プロ野球の世界へ、広島東洋カープ入団

1986年にカープへ入団した緒方さんは、まずは外野手としてその力をつけるために練習に明け暮れる。1989年オフにはペニンシュラ・パイロッツへの野球留学も経験。1991年には日本シリーズの先発メンバーにも名を連ねるなど、首脳陣からの期待を集めていく。しかし、毎年怪我に悩まれることがネックとなり、絶大な信頼を寄せられるまでには至らなかった。
そんな緒方さんに転機が訪れる。アキレス腱断裂の大怪我をしチームを離脱した前田智徳さんに代わり、ついにレギュラーに定着。その年は47盗塁で盗塁王に輝くなど、大車輪の活躍を見せたのだ。

おすすめの記事