「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

北海道日本ハムファイターズを支えてきた歴代の名クローザーを紹介!

2016 12/2 01:42
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.daily.co.jp/

日本ハムで名クローザーと呼ばれた選手たちを紹介していく。日本ハムといえば以前はダルビッシュ、今では大谷翔平といったように球界を代表するエースをよく輩出しているが、彼らを支えるクローザーたちにも注目だ。

中継ぎ・抑えとしてチームの大黒柱に! 武田久

まず紹介するのは武田久だ。入団時から中継ぎ一筋。06年にはパリーグ最多の75試合に登板し、40ホールドを上げて最優秀中継ぎ投手賞を獲得した。クローザーを務めたのは09年?13年までの5シーズン、特に2011年の成績は圧巻だった。この年は37セーブを挙げてセーブ数を獲得したのだが、防御率は1.03、被本塁打数は0と、クローザーとしてはほぼ完ぺきな成績を残した。
170cmと小柄な体に平均球速も140キロ前後と、決して体格に恵まれた選手ではない。しかし、低く沈み込むフォームから繰り出されるストレートは独特の軌道を描き、多くの打者を翻弄した。NPB歴代10位となる通算セーブ数167個はもちろんのこと、セットアッパーとして積み重ねた通算107ホールドの方も素晴らしい数字だ。

変則サイドの剛速球! マイケル中村

続いて紹介するマイケル中村は、MLBを経由して、04年にドラフト4位で日ハムに入団。06年からクローザーに抜擢され、いきなりパリーグ記録を更新する39セーブを記録する。。日本シリーズでも好投をみせ、チームとしては44年ぶりとなる日本一に大きく貢献した、第5戦では見事に胴上げ投手にもなった。その後も08年シーズンまで活躍し、日本ハムでは101セーブを記録する活躍を見せる。
その後09年にトレードで巨人へ、12年にも西武へと移籍しその年で引退。変則的なサイドスローから150キロを超える豪速球と、大きく曲がるスラーブが武器で、抑えを務めていた間は、武田久と組んだ勝利の方程式は他球団にとって大きな脅威だった。中島聡との相性が良く、試合終盤になるとバッテリーごと交代という光景がよく見られたのが印象深い。

おすすめの記事