「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中日ドラゴンズの歴代クローザーを年代順に振り返ろう!

2016 12/2 01:42
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典https://www.daily.co.jp/

中日ドラゴンズの栄光の裏に名クローザーの歴史あり。名のあるクローザーを数々と輩出してきたドラゴンズ。今回は特に注目したい歴代のクローザーを振り返りながら、歴史を追っていこう。

頼れる不動の守護神が多く存在するドラゴンズ

1976年、最優秀救援投手賞がセ・リーグに制定されて以来、優秀なクローザーを何人も輩出しているのが中日ドラゴンズだ。その受賞回数は横浜に並ぶ最多の7回。最多セーブにいたってはセ・リーグ最多の11回受賞しており、初代セーブ王となった星野仙一投手もここ中日ドラゴンズの出身だ。その後も岩瀬仁紀投手を中心に、数々の素晴らしいリリーフ陣を育てていった。
では、ドラゴンズを象徴する代表的な球界屈指のクローザーを見ていこう。

初代最多セーブ王の栄冠?星野仙一

1974年、セパ両リーグに最多セーブ投手を表彰するタイトルができた。この賞の栄えある初代王者が中日ドラゴンズの星野仙一投手だ。現役引退後も監督としてドラゴンズやタイガース、そしてパ・リーグのイーグルスも率いた経験があり、若いファンにも馴染み深い方かもしれない。
この年はセーブ王のほか、沢村賞を受賞するなどドラゴンズの優勝に大きく貢献することになる。『打倒巨人』を掲げ先発・中継ぎと活躍し、読売ジャイアンツのV10を阻んだ熱い闘魂はドラゴンズが誇る選手のひとりだ。

おすすめの記事