「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

横浜DeNAベイスターズの歴代外国人選手を振り返る!

2016 12/2 01:42
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典Nor Gal/Shutterstock.com

横浜DeNAベイスターズが2016年シーズンに悲願のクライマックスシリーズ初出場を果たした。外国人助っ人であるホセ・ロペスの活躍が原動力の一つとなっていることは間違いない。その横浜DeNAベイスターズの前身球団も含めた外国人選手を振り返ってみたいと思う。

3割30本100打点を達成!レオン・リー

レロン・リーと共にアメリカからやって来たリー兄弟の弟であるレオン・リーはロッテオリオンズで5年間プレーした後に交換トレードで1983年に大洋ホエールズに移籍してきた。セ・リーグに移籍しても打棒は健在で低迷期のチームを主力として支えた。大洋ホエールズ2年目の1984年にはタイトル獲得こそなかったが3割30本100打点を記録している。
しかし、1985年のオフに突然の自由契約となりヤクルトスワローズへと移籍してしまう。チャンスに弱いことが自由契約の理由とされているが真相は不明だ。

マリオでお馴染みカルロス・ポンセ

大洋ホエールズ後期にあたる1986年から1990年までプレーしトレードマークのひげがスーパーマリオブラザーズのマリオに似ていたことから”マリオ”の愛称で親しまれていた。ポンセは来日初年度から打率.322、27本と主軸の活躍を見せ2年目には打率.323、35本、98打点で打点王を獲得する。
3年目の1988年は打率3割を切ってしまうが33本、102打点で二冠王に輝く。1989年から成績が下降線をたどり1990年に退団する。現役引退後はメジャーリーグのスカウトなどを務めていた。

おすすめの記事